ここから本文です

食品添加物の使用基準について

gja********さん

2018/2/1815:41:26

食品添加物の使用基準について

防カビ剤の使用基準で残存量の基準がかんきつ類とバナナではバナナの方が厳しくなっているのはなぜですか?
食品によって異なる理由が分かりません。

閲覧数:
62
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ota********さん

2018/2/1817:45:47

日本人の平均的な食生活における摂食量の違い。

たとえば、平均的な日本人が1年間の食べるオレンジの量とバナナの量の比率が1:10なら、同じ基準値だとオレンジの方が10倍の量を食べることになるでしょ? そういうことが起きないように、需要が多い作物ほど厳しくなってるんだよ。だから、たとえば、輸入小麦と輸入米でも、輸入米の方が厳しい安全基準が設定されてたりするよ。日本人は麦より米の方がより多く食べるからね。

厳密には、食品添加物の成分ひとつひとつに対して、「全体で最大○mg/kgw未満」という安全基準があるんだよ。それを、定期的に行われる国民栄養調査から割り出したすべての作物の摂取量比率で按分しているだけ。なので、個々の作物の安全基準は、実際の上限値より格段に厳しい値になってる。個人の嗜好で多少平均値からのズレがあっても、それは逆に言うと「食べてない作物の分」が少なくなってるわけで、全体としてみれば安全基準より遙かに少ない量しか摂取されないように設計されてるよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

yas********さん

2018/2/1816:01:45

厚生労働省の基準では、一般的にその食品をどれだけ死ぬまで食べ続けた時に、疾病などの悪影響が出るかで、基準が設けられているみたいだけど、役所の文書は分かりづらい、分かりづらいように書かれているとしか思えない。

分かりやすく説明されているのは、広島県歯科医師会の食育のホームページ

http://www.hpda.or.jp/syokuiku/07safety/15.html

私が、理解できる範囲です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる