【人類の学問は、学問モドキです(第六弾改訂)】 「ニュートンの運動の第三法則(作用反作用の法則)」に つきまして、「…(第六弾)」に質問を投稿しましたが一

【人類の学問は、学問モドキです(第六弾改訂)】 「ニュートンの運動の第三法則(作用反作用の法則)」に つきまして、「…(第六弾)」に質問を投稿しましたが一 週間経っても回答がありませんでしたので、この「…(第 六弾改訂)」に回答を述べておきます。 *Newton's laws of motion(Lex III=第三法則) Lex III: Actioni contrariam semper et æqualem esse reactionem: sive corporum duorum actiones in se mutuo semper esse æquales et in partes contrarias dirigi. 運動の第3法則は、2物体が互いに力を及ぼし合うとき、 それらの力は向きが反対で大きさが等しいと主張する経験 則である(邦訳はウィキペディア日本語版より引用)。 https://en.wikipedia.org/wiki/Newton%27s_laws_of_motion と、言明しています。よって、これを「ニュートンの供述 書」と位置づけ、その検証を行うことにします。 では皆さん、同じコインを二つ用意してください。それら を、コインAおよびコインBとします。そして、テーブル の上に二つのコインを適当な間隔(3~5cmくらい)に置 いてください。 次に、コインAを指先で軽く弾き「力」を加え、コインB に衝突させてください(同一線上の運動となる様)。ここ で、コインAはコインBに力を及ぼし、同時に、コインB はコインAに力を及ぼすことになり、これら二つの力は逆 向きで大きさが同じです。これを【反発作用の法則】と呼 びます。 さて、コインAとBが衝突した後、運動していたコインA が止まってしまい、止まっていたコインBが運動を始める ことに注目してください。さらに、コインAに加える力を 様々に変えて実験を繰り返してください。それでも、コイ ンAの運動は止まってしまいます。しかし、コインBの運 動は様々に変化します。つまり、コインAの内部では「指 で弾かれた力」と「コインBから反発作用で受けた力」が 釣り合う為、運動が止まってしまうという訳であり、これ が「作用反作用の法則」です。なお、両物体に働く引力や テーブルとの間の摩擦などの相互作用は同じである為、本 実験における原理的考察には差し障りはありません(カチ カチ玉やニュートンの揺り籠でも同様)。 上記の内容は【世界規模の間違い http://st-nagaya.jp/ 】の 項[11観量性理論]で図を用いて詳細な証明を行っていま すから御参照ください。 以上の実験と考察によれば、「ニュートンの運動の第三法 則(作用反作用の法則)」が失敗であることは、少し注意 を払えば分かることです。しかし、この様な簡単な事(速 度比較の原理、鏡なくして光の反射は不可能、等も含む) に大変な問題が潜んでいるのです。というのは、何も知ら ない子供達は、正しい知識を得る為に教育を受けている筈 ですが、権威・権力者や教育者達はかかる間違いの証明が なされても、それを承知の上で従来の教育を続行し、その 教育を受けた者もまた、例えば後進者の「【中学理科】作 用反作用の法則について…」 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10184357815?__ysp=5L2c55So44O75Y%2BN5L2c55So44Gu5rOV5YmHIOS9nOeUqOWPjeS9nOeUqOOBruazleWJhw%3D%3D という質問を見ても分かる通り、回答者達は様々な解説を 行っています。言い換えれば、子供達は、教育側の方針に 沿うべく訓練(洗脳)をされているのです。やがて、その 子供達も大人になって社会を維持していくのです。強調し ておきますが、この様な“洗脳連鎖に拠る悪界”の状態に 学問の会は歯止めを掛けるための活動をしており、学術論 争に勝つことが本来の目的ではありません。 皆さん、この記事の内容につきまして、如何なる御意見で も結構ですから、御投稿をしてください。

補足

運動の第三法則(作用反作用の法則)について、英語版ウィ キペディアは先行して以下の断り書きを張り付けました。 *action-reaction law https://en.wikipedia.org/w/index.php?search=action-reaction+law&title=Special:Search&go=Go&searchToken=2zz9roeby2ntoj6zrpxvf5c1p The page "Action-reaction law" does not exist. …

サイエンス341閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

わかりやすいアニメーションなどをつけた動画をつくって、PRしましょう。 学術論文のような文章は正しくて幸せになるようなことがかいてあっても70億人中3人くらいしか読みません。