ここから本文です

中国共産党中央委員会は国家主席の任期を連続2期10年までと定める 憲法の条文を削...

アバター

ID非公開さん

2018/2/2520:56:27

中国共産党中央委員会は国家主席の任期を連続2期10年までと定める
憲法の条文を削除する憲法改正案を示しました。

現憲法のもとでは習近平主席の任期は2023年までですが、
さらなる長期政権になる可能性も出てきます。

自民党が総裁任期を延長したことで安倍総裁、つまりは安倍政権が長期化する可能性が出てきたことに通ずるものはありますか?

閲覧数:
60
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kim********さん

2018/2/2616:11:15

アベ首相の場合、後継者がいないと言うか、あとがやりにくいのです。
一説にはコイズミ議員をと考えているようですが、若すぎます。

習主席は第二の毛沢東として祭り上げたいのと、
今まで政敵を粛清しすぎました。

自殺、怪死、亡命もかなりでてます。
23年に権力の座を降りると、確実に悲惨な復讐を受ける。
なので権力の座から降りられないし、まだまだ「無力化」する政敵は多いのでしょう。多分、FBIの伝説のフーバー長官みたいなもので、「降りると即死」かも。

で、日本としても若くて聡明な指導者が隣の社会主義国をひっぱって行くより、権力にしがみついて逆らう若者をどんどん潰し、老害化確実な指導者のほうが、なにかとやりやすいみたいですね。

アベさんのあと、やりにくいだろうなあ。
ここは一発、初の女性首相と言うのもアリと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jun********さん

2018/2/2521:01:00

独裁国家と民主主義国家を比較する事など不可能です

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる