ここから本文です

東武鉄道が群馬栃木に路線が多いのと、茨城には進出しなかった理由はなぜなんでし...

タワーズさん

2018/2/2523:44:32

東武鉄道が群馬栃木に路線が多いのと、茨城には進出しなかった理由はなぜなんでしょう

閲覧数:
699
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/2/2600:28:36

明治時代の日本の代表的輸出品である絹糸の産地(養蚕地域)が群馬県でしたので群馬の両毛鉄道「伊勢崎」まで自前の線路を明治時代にひいた(繋いだ)。
会社名が東武鉄道ですから、貨物をやっていたということです。
現在、伊勢崎駅は高架化されJRと東武鉄道の線路は繋がっていませんが高架化工事前は東武側からJR(正確には国鉄時代の国鉄)側に貨物列車引っ張る機関車だけですけど、入って来たのを見たことがありました。

私は伊勢崎の人間なので日光・鬼怒川線側は勉強不足でわかりません。
ですがかつての県庁所在地である栃木市の栃木駅にも繋がってます。
貨物輸送上メリットがあったからでは。

なお東武伊勢崎線は自前の路線で、他はすでにあった地方鉄道を買収した部分が多いと記憶しておりますが。
茨城県は養蚕の盛んな地域とは思いません、それが明治期での理由では。

なお現在の高崎線の湘南新宿ラインが絹糸を横浜港まで運ぶ明治政府によるメインルートに当たり、東北線ルートと東武鉄道ルートは迂回路でしょうか?
富岡製糸場も高崎側というか群馬西部ですから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aya********さん

2018/2/2701:01:00

直流電化できない。

水戸にも昔は東武バスが走ってはいたのですけどね、
茨城交通と路線が競合するせいか、撤退しました。

fet********さん

2018/2/2700:39:51

電化も問題
茨城の大部分は交流電化か非電化
気象庁の地磁気観測所が影響するため

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kar********さん

2018/2/2600:14:42

利根川があるからですよ。

東武鉄道は利根川の架橋に大変に苦労した会社です。業績が上向いたのは伊勢崎線の利根川橋梁建設に成功してからです。
その後、日光線にも利根川橋梁を架ける事に成功しましたが、そこから更に下流側となると工費が高過ぎて二の足を踏んでしまったのです。簡単には延伸できない。

筑波高速電鉄という未成線があります。東武はこれに目をつけたのですが、京成と競合になってしまうのです。
ところが東武にとっては可能性の一つに過ぎませんが、京成にとっては上野に進出できるかどうかの瀬戸際という事情がありまして、余裕のある東武が譲ったという見方もできますね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる