ここから本文です

落語には、さまざまな「オチ」がありますが、あなたの好きな「オチ」はどんな「オ...

mae********さん

2018/2/2616:58:36

落語には、さまざまな「オチ」がありますが、あなたの好きな「オチ」はどんな「オチ」ですか?

「考えオチ」「地口オチ」「廻りオチ」「逆さオチ」「見立てオチ」「トントンオチ」「はしごオチ」「仕込みオチ」「間抜けオチ」「しぐさオチ」「ぶっつけオチ」「とたんオチ」などがあると聞きます。

閲覧数:
180
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

huu********さん

2018/2/2617:56:43

あなたの好きな「オチ」は・・・このような質問ははじめです。

好きな演目は?好きな噺家は?好きな寄席は?という質問ではなくて「オチ」ですか?

咄嗟に出てきませんし、好きな「オチ」を考えたこともありません。「オチ」で噺や噺家を云々することもないです。「オチ」の分類を挙げていますが、高座の噺家が演じる噺を楽しんで、その噺の世界に誘われて、その口跡を聴き惚れて、噺家の仕草や所作が粋だと感じれば・・・それで良いです。「オチ」は噺の終わりを顕わすピリオドであり、お決まりの「オチ」でも十分です。

「オチ」だけ優れていても、それは噺家の自己満足です。客として噺を楽しむ側としては「オチ」にこだわりはないです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

chy********さん

2018/2/2719:11:49

オチの好き嫌いって、あるんですね!
初めて知りました。
面白いところに目を付けましたね。

私は、マクラと絡んだ落ちが好きかな?
噺の全部がまとまって、
「あぁ!そこから始まってたのか!」ってのが
いいかも!

n12********さん

2018/2/2622:43:00

「よそう。また夢になるといけねえ」

この芝浜のオチが、分類では何オチか知りません。でも3代目三木助の芝浜は好きです。

好きな噺はあっても、好きなオチはありません。「考えオチ」だから、あの噺は好きだ、とか「地口オチ」だからあの噺はイマイチだ、とは思いません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

oob********さん

2018/2/2618:57:05

落研出身の人は区別できるのでしょうな。私はわかりません。

好きなオチ(サゲ)のある演目は。
『厩火事』。
『試し酒』。
『蒟蒻問答』。
これらは、何オチですか?

sug********さん

2018/2/2617:55:11

落語だからといって「落ち」をことさら重視したり、
種類を分けてみても、さほど益はないと思うのですが…。

個人的には「酢豆腐」のような、さらっとした落ちが好きです。
「いや、酢豆腐はひと口にかぎります」

これは何落ちになるのでしょうか?

プロフィール画像

カテゴリマスター

yan********さん

2018/2/2617:38:53

「オチ」の種類で演目が好き嫌いということはないんですが、

「考えオチ」がいいですね。

落語を聴き初めたころは、なにがおもしろいのかがその場で理解出来ず、帰宅してからやっとわかったりすると落語の奧深さが感じられた記憶があります。

同じ「オチ」でも、もう何度も聴いたオチでも、下手な落語家だと面白くなかったりします。
演者の腕はこんなところでも違いますね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる