ここから本文です

仕訳の質問です当社が売掛金の回収として受け取った手形を親会社に裏書してもらい...

foo********さん

2018/2/2723:18:10

仕訳の質問です当社が売掛金の回収として受け取った手形を親会社に裏書してもらい親会社から資金を工面してもらう場合の仕訳(②について)の処理として次のパターンAまたはBで起票するのは問題ないでしょうか?

①売掛金1,000,000円を手形で回収した場合
受取手形1,000,000 / 売掛金1,000,000

②親会社に同上手形のうち800,000円を裏書してもらって同額を
当座に入金してもらう
パターンA
当座預金800,000 / 受取手形800,000 (直接減額法を採用すると仮定)
手形の期日が来た場合の処理は不要

パターンB
当座預金800,000 / 短期借入金800,000
本社勘定800,000 / 受取手形800,000
手形の期日が来た場合の処理
短期借入金800,000 / 本社勘定800,000

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
57
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vwv********さん

2018/2/2811:17:15

本支店集中決済のようですが、
①売掛金1,000,000円を手形で回収した場合
その時の支店の仕訳は、
(借)受取手形1,000,000/(貸)売掛金1,000,000
となります。

②親会社に同上手形のうち800,000円を裏書して・・・・
手形の一部裏書はできません、その手形を親会社に譲渡したことになりますから、
その時の支店の仕訳は、
(借)当座預金:800,000/(貸)受取手形:1,000,000
(借)本店-----:200,000

本店は、
(借)受取手形:1,000,000/(貸)現金/○○預金:800,000
----------------------------(貸)支店------------:200,000

本支店集中決済で、
借方の「本店」または「支店」は資産勘定です・・・・貸しがある。
貸方の「本店」または「支店」は負債勘定です・・・・借りがある。
本店の経理部から見たら借方の「本店」と「支店」の合計が貸方の「本店」と「支店」の合計と一致します、これが一致しないと「未達が発生している」ということになります。

>パターンA
>パターンB
手形は本店に裏書譲渡してますから、手形現物はないことになります、この仕訳であれば支店に受取手形が200,000残っていることになりませんか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

t22********さん

リクエストマッチ

2018/2/2809:03:01

AまたはBで起票するには問題が大ありなのです。説明すると、100万円は売掛金の代金です。その代金の中には利益が含まれていなければならないもので、必ず利益が含まれているものです。その利益で事業が成り立っているのです。その売掛代金の回収が現金ではなく手形ということは手形の満期日までの金利が掛かるわけです。その金利は利益を減らす元になるものです。なおかつその手形を親会社に手形金額の8掛けで割り引いてもらうという事は、売掛代金を2割引きで回収したことになり、売掛金の利益はなくなり、売り上げ欠損になってしまうのです。手形の利用には2通りの方法があり、質問の場合は、手形の裏書譲渡ではなく、手形の割引になるのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる