ここから本文です

【ローカル質問・北海道■石狩市に...】 「明乳シティー前」というバス停がある...

rob********さん

2018/2/2820:43:03

【ローカル質問・北海道■石狩市に...】

「明乳シティー前」というバス停があるのですが、昔近くに明治乳業の建物があった所なのでしょうか?

閲覧数:
125
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nim********さん

2018/2/2822:28:00

北海道民です。
調べてみると面白い経緯がわかりました。

このバス停のあるあたりは樽川地区と呼ばれていますが、大正時代に「極東煉乳」という会社が農場(極東農場)を開設し、ホルスタイン種を飼育していました。
その極東煉乳が、のちに社名変更して明治乳業となったとのことです。
http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/museum/if0150.html

やがて札幌市の人口急増により、隣接する石狩町(現:石狩市)にもベッドタウンが広がり、明治乳業が所有していた農場も宅地化されることになりました。
その際、明治乳業は他の不動産業者に開発を任せたのではなく、自らが分譲主となって開発に当たりました。
そのため、この分譲地の町内会名は「明乳パストラルシティ町内会」といいます。
https://ameblo.jp/pastoralcity/entry-11977625575.html

ですのでバス停名の「明乳シティー」は、かつて明治乳業の工場などがあったからではなく、今も残る町内会名から名づけられているものと思われます。
かつての工場跡だと、撤退後にバス停の名称が変わることが一般的ですが、こちらは町内会名由来のため、付近に明治乳業の建物が無くても「明乳」が付いているという珍しい例です。

質問した人からのコメント

2018/3/1 20:08:10

詳しい回答有難うございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる