ここから本文です

結果的に武田征伐を誘発した木曾氏の寝返りですが、逆に木曾氏が寝返りによって美...

jaz********さん

2018/3/311:12:01

結果的に武田征伐を誘発した木曾氏の寝返りですが、逆に木曾氏が寝返りによって美濃國から信濃國へ通じる木曾路の道が開かれなければ、あの時点での織田氏の侵攻は無かった訳ですか?

閲覧数:
122
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

川崎さん

2018/3/314:13:01

一番の武田征伐のきっかけは、1580年に本願寺との戦闘が終結したことでしょう。
自分も少し前まで、武田征伐の切っ掛けは木曽の内通だと思っていましたが、この本願寺との戦闘終結後、信長は武田征伐の準備に入ったことが確認できます。

1581年1月
信長は高天神城攻めをしていた徳川家康に、来年(1582年)の春に武田を攻めると伝える。

1581年3月
高天神城が陥落し、駿河からの侵攻が可能となる。

1581年6月
家康、家臣に出陣の準備をするよう通達。

1581年12月
織田家臣の西尾吉次が、信長の命令で徳川領の大量の米を搬入。

1582年1月
木曽義昌が、織田に内通。

と、なります。

つまり、1582年2月から始まった武田征伐は、すでに一年前から決まっていた決定事項です。
木曽が内通する前から、織田信長と徳川家康は、征伐の準備に取りかかっていました。

質問した人からのコメント

2018/3/10 09:26:45

皆様有難う御座いました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nuo********さん

2018/3/313:11:49

いいえ、
信長の主力は伊那路から進行してるので木曽路はほとんど関係ありません。
あくまで木曽の裏切りは武田征伐のきっかけにすぎません。

aec********さん

2018/3/311:27:46

織田信長は圧倒的戦略で勝つ武将ですので武田勝頼を北条(東)、徳川・穴山梅雪(南)、織田信長(西)、木曽(北西)の完全包囲で攻撃しました。
勝頼が猪武者ではなかったのですが滅びる時は雪崩現象ですね。

ともきちさん

2018/3/311:18:14

多少武田討伐は、遅れますが木曽路がダメなら徳川を先鋒に駿河口から、織田徳川が侵攻してくるのではないかと思います。
あるいは、木曽ごとぶっ潰すということでより、準備をした織田軍は木曽路の強行突破というのもあり得るかと・・・

この時、武田は東は北条、南は徳川、北は同盟国の上杉だが御館の乱のゴタゴタで助ける場合ではないので、織田にとってはあの時期がベストだったのでしょう

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる