ここから本文です

今年2月から始まったパチンコ規制。

アバター

ID非公開さん

2018/3/313:14:02

今年2月から始まったパチンコ規制。

「終わる、終わる パチンコ業界終わりだ!」と言っている人もいたはず。でも、実際影響は軽い。ホールでも相変わらず打っている人もいるし、減っている感じはしない。

さて、今後どうなるかとおもいますか?


私的に遊技人口の減りは前年比でリニアな感じで、
5.9号機(規制前)が最長3年使えるから、それ以降は6号機のみしか使えなくなる。すなわち2021年ごろから、やや減りが少し激しくなるけど、
結局「パチンコは生き残っている」気がする

閲覧数:
365
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ogk********さん

2018/3/313:34:11

ピーワールドを見ても日に日に全国のホール数は減少しています。
今後の展開は規制の強化や緩和次第である部分は大きいと思いますが、個人的にはこれからも小規模ホールはどんどん閉店していき、中型・大型ホールのみが生き残ると思います。

ピークの頃は全国に18000店舗あったホールが今や9600店舗を切りましたが、それでも多いと感じる人には多い数だと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kya********さん

2018/3/320:27:56

若い人が手を出すかどうか?今のベテランパチンカーはいい時代を過ごしてきて、それでもやめられない人たちです。新基準になってそれが当たり前と思う世代が通うのかどうか?また、ベテランが足を洗えるのかどうかそこで大きく変わってくると思います。ちなみに私は、今の台もつまらないので足を洗いました。

pac********さん

2018/3/315:20:50

たまにまだ終わってないなんていうお前みたいなバカがいますが、終わったの意味が違います。すでにパチ業界は、終わってるこれは事実で、パチ業界も今時あんなもんやってるやつらもすでに死に体。そういう意味で「終わった」は、使われています。

j_s********さん

2018/3/315:18:39

まっ、減少の理由は規制にあらず、行き過ぎた等価交換、高価交換営業と、半丁博打のみを求めるヘビーユーザー層だけの台作りをしてきたメーカー、一部メーカーの強引な販売方法、それに対して行政がまるで規制しないことなどです。スペックだけいじったところで依存なんて無くなるわけないのにそれが全然分かっていないのです。

今後も店舗等価・高価交換に拘ってメーカーも博打台ばかりリリースしていくのなら、さらに客減りが加速するし、囲い込み効果で客を増やしてきた大手系列も苦悩に立たされていくでしょう。というより大手系列の苦悩は去年から始まってましたが・・・今年のキーワードは改革あり?無し?

というより今は1物2価、3価を行政に求めていかないとこれから先もどんどん先細っていくでしょうね。

flt********さん

2018/3/313:19:49

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる