ここから本文です

細菌培養用の肉エキスの調製方法を教えてください。 細菌培養用の培地には肉エ...

アバター

ID非公開さん

2018/3/321:45:47

細菌培養用の肉エキスの調製方法を教えてください。

細菌培養用の培地には肉エキスが含まれますが、確か前に文献で、牛肉ミンチを水で煮込んで肉エキスを調整する方法が記載されていたと思います。

その文献が分からなくなってしまったので、何肉を何グラム、何リットルの水で何分煮込めばよいか教えてください。

また、培地組成には分量がg表記です。ということは乾燥させた粉末ということでしょうか。そうでしたら、このエキスは1リットル当たり何g相当でしょうか。

以前にジャガイモ浸出液について質問したら、そんなに慎重に行わなくても大丈夫と回答がきましたので、もしかして、肉エキスもそんなに正確な調整は必要ないのでしょうか…?

閲覧数:
249
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

charlie04hfさん

2018/3/901:11:23

詳細な抽出条件を覚えているわけではありませんが、
確か沸騰させてしまうと成分の分解につながるので
恒温槽のような温度を一定に保つ条件で何時間か抽出したような
記憶があります。
また脂分は邪魔になるので、脂身は予め除去しておく必要があります。

とお答えしておいて矛盾するようですが、
肉エキスといってもエキスの原料はいくつか種類があって、
カツオエキスを濃縮したペースト状の肉エキス(エールリッヒ肉エキス)
とか、牛肉から抽出した肉エキス(リービッヒ肉エキス)のほか
名前は知りませんが馬肉エキスとかさまざまあります。
肉エキスは主栄養素の補給というより、ビタミン類のような
生育因子の補給という意味合いが強いので、牛肉エキスだとか
特別に指定がされていない限り
一般的な栄養培地に使うのであれば、どの肉エキスを使うかとか
あまり考えずにどれを使ってもいいとは思います。

牛肉エキスの最も歴史のあるもの(リービッヒの方法に準拠したもの)
である Oxoid社の Lab-LEMCO という粉末の牛肉エキスでは、
牛肉 30kg からエキス分 1kg を得る、とあります。

ただ、肉のミンチからエキス分を自分で抽出して栄養培地を作ろうと
いうのであれば、キューブ状になっているコンソメを使ったほうが
手間もかからず簡単にできると思いますけど。
コンソメは塩などの味付けがされていますが、
培地に塩化ナトリウムを加えるようなら、それもコンソメで補えます。

そもそも細菌学の発展の基礎は肉汁であるブイヨンのなかに
細菌が入って腐敗するかどうか、がきっかけになっているくらいですから
料理のベースのブイヨンをコンソメとペプトン等で作り、pHを調整して
寒天を加えるようなものでも簡易的な培地はできます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nug********さん

2018/3/420:11:52

ふつうは,Difco 社製の培地を使うと思いますが,牛肉ミンチを水で煮込んで肉エキスを調整する程度の培地組成でよいのでしたら,そんなに正確な調整は必要ないのではないでしょうか.ただし,細菌培養培地は弱アルカリ性である必要があります.

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる