ここから本文です

創価学会で活動しなければ真の信心が分からないと言ってる方がいますが、今はネッ...

sam********さん

2018/3/504:30:55

創価学会で活動しなければ真の信心が分からないと言ってる方がいますが、今はネットが発達しているので真の信心なんてネットで情報収集すればいいのではないでしょうか?一定以上の情報収集能力

があれば、ネットで検索すればすぐに情報収集できるのに、わざわざ大切な時間を使って集会に参加するのはアホらしい気がします。
例えば、以前なら司法書士や税理士等の専門家に依頼しないといけないような法人登記や税務処理等ネットで情報収集し、嘘の情報に惑わされないように過去の判例や法令の条文を見てこなしてしまいますし、同じように創価学会も集会等に参加せずともネットで情報収集できてしまい、信心すれば良いと思うのですが、どうでしょうか?

閲覧数:
133
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lio********さん

2018/3/507:34:09

あなたの質問内容からすると、創価学会についてあまりご存知でないようですね。

単なる無知は、そのような誤解と不安を生みだすだけです。
是非この機会に、本当の創価学会を知ってください。

★はじめての方へ(創価学会とは)【創価学会公式HP】
http://www.sokanet.jp/hajimete/

★信仰体験集動画(日本・イギリス・アメリカ・イタリア)※期間限定
http://net-vod2018.sokanet.jp/

★池田大作名誉会長の足跡【創価学会公式HP】
http://www.sokanet.jp/sokuseki/

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

soo********さん

2018/3/822:39:36

お釈迦様も日蓮上人も、今のようなネットでつながった社会を、
予想していなかったのではないでしょうか。
旧来の宗教、新興宗教など、古いやり方から離れられずに、
いろいろな理由付けして、伝統を守ってるように思います。
今は、信心といっても人それぞれ、好きにやればということでしょうか。

rik********さん

2018/3/821:45:15

その創価学会員もそしてアナタもです。宗教を信仰する事をカン違いしていませんか!その誤解すべては、学会員が、学会の活動をすべて宗教の信仰であるとしている事です。選挙の票の依頼に来た学会員に問うがまともに政治理念を語れる人はいませんでしたね、票の依頼は宗教の功徳となるからなんだそうです。
学会員は、確かに勤行をしています、これは宗教の信仰であります。学会員の活動の二割程度です。
選挙運動は政治運動、池田氏のファンクラブ、新聞のセールスマン、お金の集金は?……、これらは宗教ではありません。
日蓮は法華経を学びましょう!日蓮正宗では御書を学びましょう!が法を学ぶ事です。しかし、○○革命の本は、マチガイを書いていません、信仰をする事の意義とか素晴らしいとは思いますが宗教の法を書いてはありません。
あなたは、宗教を信仰するとは何か!探究する事をおススメします。
禅宗の山寺の座禅とか、禅問答とか、とかです。
最近、神社で賽銭箱の前でありふれた家族でしたが、奥さんと子供より遅れて父親一人が無心に一分ほどでしたが手合わせる姿がカッコ良かったですね。
信仰とは、運動とか活動ではありません!

プロフィール画像

カテゴリマスター

rid********さん

2018/3/707:16:04

というか、ネットを見れば学会のひどさが分かるので、それで十分でしょうね

omo********さん

2018/3/705:19:00

「創価学会で活動しなければ真の信心がわからない」、というのが真理ならば
ここの「創価学会」という言葉をほかの宗教に置き換えてみても、それはすべての宗教においても真理なのですよ。
そこに、「創価」について、何の正当性もないことがわかるでしょう。そんな論理もわからずに、己の正当性を主張していることがおかしいですね。
質問に対して…まあ、信仰というのは、本で読んだり、ネットで調べたりしても、身に着くものではありませんからね。それはあくまでも、知識にとどまります。
信仰に入り込む前に、知識としてその宗教を勉強することは、悪いことではありませんね。
もっとも私は創価に入信することはお勧めしませんが。

one********さん

2018/3/702:42:27

創価学会のことをインターネットでくまなく調べたら、誰も入信する人がいなくなってしまいます。

それどころか、日本の信頼を揺るがす重大な問題を知ることになりますので、信者には「インターネットは悪である。デマ、ガセが多い。」と刷り込みをしています。

非会員にも同様に、「入信しないと本当の功徳は分からない」といって洗脳術と強引なやり口で入会させます。

精神的閉鎖空間に閉じ込めて年月がたてば、教団を疑うことをしなくなります。
迷惑な宗教活動や各種非合法行為を行うことが仏法であると教えられ、何でも言うことを聞く教団の操り人形が生産されていきます。

昔の創価学会は「折伏大行進」といって宗教の押し売りをしていました。
他人の家に上がり込んで神棚をたたき壊したり、脅迫するなどして無理矢理入信させたために苦痛から自殺する人が続出しました。

また、他宗・他党は邪悪だと言って、常軌を逸した嫌がらせや恫喝訴訟、謀略訴訟を仕掛けてきました。

要するに、創価学会には敵が多いわけです。

海外では「祈れば病気が治る」、「寄付をすれば功徳がある」という触れ込みで信者を増やしてきましたが、一向に病気が治らない、お金をだまし取られたとクレームが殺到して集団訴訟にもなりました。
そのため、海外では創価学会をカルト集団に認定した国も多いです。
完全な詐欺団体ですね。

ネット辞書に、創価学会は、「セクト(危険なカルト集団)」だと記載があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%88

『1995年12月、フランス国民議会で採択された報告書『フランスにおけるセクト』は「通常の宗教か、セクト(カルト)か」を判定する国際的な指針の一つとされている。この報告書は、調査委員会の委員長の名前を取って『アラン・ジュスト報告書』ともよばれている。
この中で、セクトの本質を「新しい形の全体主義」と定義した上で、以下のように「セクト構成要件の10項目」を列挙している。
(略)
しかし、創価学会はフランスだけではなくドイツ、チリ、ベルギー、オーストリア、アメリカといった国々でセクト指定されている。』

さらに、古川利明(著)『カルトとしての創価学会=池田大作』(第三書館 2000年11月)に、「創価学会は、セクト構成要件の10項目全て満たしている(最高度に危険)」と記載があります。

一番信憑性の高いネット辞書(wiki)の記載を見ると、創価学会は悪質なカルトだと分かります。
数十件の社会問題に発展した事件、大きな犯罪、裁判沙汰などが掲載されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A#...


創価学会は、犯罪に死角がないほど悪いことばかりしていますが、集団で嫌がらせや殺人もしていますので、カルト教団を野放しにしている日本は地に落ちたと言わざるを得ません。

創価学会の犯罪が公的に認められた事件:
・全国規模の言論弾圧・嫌がらせ(言論出版妨害事件)
・脱会者や創価批判者の通話記録窃盗、組織的な嫌がらせ(ドコモ通話記録窃盗事件)
・470万件の個人情報漏洩(YahooBB個人情報漏洩事件)
・数十万枚の中傷ビラばらまき(創価違法ビラ事件)
・合成写真を使って相手を誹謗中傷(偽造写真事件)
・嘘の被害を申告して、でっちあげ裁判を何件も起こす(コーヒーカップ裁判)
・投票所を襲撃して職員4名に重軽傷を負わせる(練馬区投票所襲撃事件)
・公明党委員長 矢野絢也氏への組織的なストーカー行為(黒い手帖事件)
・共産党委員長宅の盗聴(宮本邸盗聴事件)

創価学会の関与が極めて濃厚な疑惑:
・東村山市議の暗殺
・暴力団へ4名の暗殺を依頼(国会で取り上げられた議題です)
・創価学会幹部の連続不審死
・暴力団後藤組へ汚れ仕事を依頼(政界では周知の事実)

ホットな創価学会ニュース:
・2017年12月30に創価学会本部前で、少年が殺傷事件を起こす。

・2017年12月中旬から2018年1月上旬までほぼ毎日、創価学会の組織的な嫌がらせやストーカー犯罪を非難する抗議活動が東京、大阪、名古屋で展開された。

・創価学会の狂信者と共犯者が共謀して、言論統制を敷き、嫌がらせを強要したり、中高生のいじめや掲示板「2ちゃんねる」を彷彿させる低俗なことを繰り返している。組織的に中傷、誹謗、個人情報やプライベートな情報のばらまき、デマを流して焚き付けたり、警察、役所、企業内にいる末端信者(共犯者も含む)にも違法な事務処理や業務情報の漏洩など犯罪行為に荷担させ、日本を荒らし、混乱に陥れている。

・路上や電車内などでカメラを回しながら工作活動をして、冤罪を作ったり悪評ばらまきのネタ作りをしていることもあり、これが組織犯罪だと知らない人が利用されているのですから、どうしようもありません。
警察など国の機関にもカルトの共犯者がいるから困ったものです。当然、行政、企業、教育機関にも共犯はいます。

大規模なストーカー犯罪を展開したり、犯罪を焚き付け、争いの種をばらまいて荒んだ世の中にすることが、創価学会のいう世界平和なのかもしれません。

創価学会は「世界平和」を宣伝文句に信者を集め、迷惑な宗教活動と非合法行為を繰り返すカルト集団なので、世の中の評判は非常に悪いです。

週間ダイヤモンド紙(2010年11月13日号)に、創価学会のイメージ調査の結果が掲載されています。
世の中の約7割の人が、創価学会に対して以下のような悪い印象を持っていることが分かりました。
強引な勧誘:25.3%
金儲け主義:24.4%
不気味、気持ちが悪い:17.9%

こういった世の中の声から目を逸らすためにも、徹底した情報隔離をしなければならないのです。

創価学会のことをインターネットでくまなく調べたら、誰も入信する人がいなくなってしまいます。...

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる