ここから本文です

自民党100%の方が日本のためになりませんか?野党がごちゃごちゃ端を突くから、い...

アバター

ID非公開さん

2018/3/622:57:59

自民党100%の方が日本のためになりませんか?野党がごちゃごちゃ端を突くから、いつまで経っても何も変わらないんですよね?

加計学園の質疑を観て笑ってしまいましたw

閲覧数:
54
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/3/623:21:39

危険です。それを独裁というのです。
必ず暴走します。それが人の世の常というものです。
民主党が政権奪取した悪夢も自民の暴走が原因ではな
いですか?

リベラルでもなんでもない頭のおかしいパヨクの野党
は問題外ですが・・・
自民党の利権政治では、時代に合わせた対応がとれず
小回りも利かず、経済成長し人口増加していればうま
くいきますが、経済飽和し人口減少の局面に入った日
本には害にしかなりません。

自民政治は日本を窒息させますよ。

直らないタイプの間質性肺炎のように、真綿で首を絞
めるようにゆっくり窒息し、脳死になり多臓器障害に
より死亡します。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

xir********さん

2018/3/700:04:21

●森友文書の「特例措置」 森友学園への便宜が図られたのではなく伊丹空港の売却期限が切迫していた
2018年3月5日AM
「財務省の職員は、ある意味で生真面目だから、一生懸命探していたあの資料を見つけ、良かれと思って公表したのだろう。
ところが、そうした”善意”も完全に裏目に出てしまったようだ・・・」
財務省で三役(次官、財務官、国税庁長官)を経験した有力OBはそう話す。
ここで言う「あの資料」とは、2月9日に財務省が公表した、国と森友学園との間で進められていた学校用地売却交渉に関する内部資料だ。
具体的には、交渉の窓口となった近畿財務局の担当者が法的に問題がないかどうかを、局内の法務担当者に照会した際に作られた記録文書や、一連の土地取引を局内で決裁する際に作成された文書等だ。
このうち決裁文書に関して、3月2日付の朝日新聞朝刊が、実際に決裁が行われた当時の文書と、問題発覚後に国会議員らに開示された文書との間に幾つかの異なる箇所がある、と報じた。
朝日新聞は、内容が変わっている点について、国会議員らに開示するにあたって「書き換え」が行われたのではないか、と指摘した。
確かに、朝日新聞が指摘するように、決裁当時の文書には
「(取引は)特例的な内容になる」
あるいは
「本件の特殊性」
などという”いわくあり気”な表現が登場してくる。
ところが開示された文書には、そうした箇所がきれいさっぱり抜け落ちているのだ。
残念なことに朝日新聞の報道は、なぜこうした食い違いが生じたのか、
「特例的な・・・」

「特殊性」
といった表現が、一体何を指すのかについては全く言及していない。
何とも物足りない記事になっている。
「あの土地に関しては、実を言うと実質的な売却期限が設けられていたのです。
その期限は2016年3月末だったのです」
この売却交渉にタッチした1人はそう証言する。
それではなぜ、「2016年3月末」が期限だったのだろうか。
「そもそもあの土地は、伊丹空港の騒音問題の解消を名目に、実質的に伊丹空港が取得した土地なのです。
その伊丹空港は、関西国際空港とともに2016年4月に民間企業に売却されています。
そして、その民営化までに土地を処理しておく必要があったのです」
(前出の関係者)
ところが、土地の売却交渉は大モメになり、期限までにはまとまらないという状況になった。
このため、言わば”特例的な措置”が取られたというのが真相なのだ。
そろそろ財務省は、そのあたりの経緯をきちんと説明すべきではないだろうか。

●朝日新聞VS安倍政権、息詰まる対決
2018年3月6日AM
裁量労働制の異常データが吹き飛ぶような大問題が起きた。
3月2日、朝日新聞は1面トップで
「森友文書 書き換えの疑い」
「財務省、問題発覚後か」
と特ダネを報道した。
「財務省近畿局が決裁を受けるために作成した文書と、昨年2月に国会議員に開示したものと食い違いがある」
という内容。
どう違うのか。
「(森友)学園との(土地)取引について『特例的な内容になる』との表現がなくなった。契約当時の文書には『学園の提案に応じて鑑定評価を行い』など、取引価格の事前交渉を示唆する記載もあった」
自民党幹部は、2日の野党による国会追及を見て、言った。
「報道がフェイク(偽り)でなければ。国会議員に開示した文書が改竄されたことになる。
下手すると内閣が吹き飛ぶ。
事実関係がまだはっきりしない点が多いが、これが事実なら、政府のダメージは極めて大きい」
事実関係がはっきりしない点を、一線記者が指摘した。
「朝日新聞が契約時の文書を『確認した』と書いて『入手した』と書いていない。
文書の写真は、国会議員に示したものだけを載せている。
朝日新聞が『確認』した文書が本物かどうか論点がある。
本物であれば公文書の書き換えであり、公文書管理法違反。
省ぐるみで違法行為をしていたことになり、逮捕者が出かねない。
麻生太郎副総理兼財務相への責任追及も必至だ。
もし、文書が偽物だったら、朝日新聞の受けるダメージは計り知れない」
朝日新聞が「安倍晋三記念小学校」という名前で、森友学園が小学校を建設する予定だった、と報じた。
それを安倍首相が「フェイクニュースだ」と名指しで攻撃し、自身のフェイスブックで「哀れですね」とまで書き込んだ。
苦い経験だけに、朝日新聞は誤りを繰り返すわけにはいかない。
朝日新聞は総力を挙げた戦いである。
自民党幹部が興味深い指摘をした。
「恐らく、財務省内部からのリークだ。
誰が朝日新聞に流したのか。
これがはっきりしないと、下手に幕を引けない。
また背中から鉄砲を2発目、3発目と撃たれる可能性があうからだ。
まだ、弾丸を持っているかもしれない」
ベテラン記者が言った。
「政府が当初、『ない』と言っていた文書が出てきた。
それを国会で認めた。
財務省内部に、今の財務省のあり方や、安倍官邸に不満を持っている人間がいる。
政府にとって『弱り目にたたり目』だ」

●「森友文書」書き換え疑惑 麻生財務相・佐川長官辞任も 「最強官庁の解体論」も現実味
2018年3月6日AM
学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐり、財務省が作成した決裁文書の「書き換え」疑惑が、国会論戦の焦点となっている。
朝日新聞の報道通りに、問題発覚後に書き換えらえたとすれば、麻生太郎副総理兼財務相や、財務省理財局長だった佐川宣寿(のぶひさ)国税庁長官の辞任も想定され、安倍晋三政権を直撃しかねない。
一方、与党幹部は「単純な構図ではない」と漏らす。
財務省絡みの”失態・混乱”が目立っており、最悪の場合、「最強官庁の解体論」も現実味を帯びてきそうだ。
「担当局以外の職員も関与させて全省挙げて調査を進めていきたい」
麻生氏は6日朝の閣議後の記者会見で、決裁文書の書き換え疑惑について、こう語った。
大阪地検特捜部が捜査中でもあり、疑惑の解明には、まだ時間がかかりそうだ。
財務省は同日の参院予算委員会理事会で、疑惑に関する調査状況について報告。
野党側は
「(報道が事実ならば)内閣総辞職に値する話だ」
と攻勢を強めている。
衝撃の疑惑は、朝日新聞が2日朝刊で報じた。
森友学園側との交渉を担った財務省近畿財務局が作成した決裁文書について、契約当時の文書の内容と、国会議員らに開示された文書との内容に違いがあると報じ、「特例」との文言が複数個所でなくなっていると指摘した。
最大の焦点は、
「書き換えが本当に行われたのか、否か」
「書き換えられたとすれば、問題発覚後か、決裁段階か」
だ。
決裁段階での修正・書き換えはあり得るが、仮に、2017年2月の問題発覚後に書き換えられていたとすれば、大問題である。
佐川氏は理財局長として「交渉記録は破棄した」などと国会答弁しており、所管する麻生氏とともに責任は免れず、辞任圧力が強まりそうだ。
与党幹部は
「報道が事実なら、厳しい。ただ、そう単純でもなさそうだ。
この疑惑には『悪意』がある。
確かなことは、財務省内に倒閣に動いた者がいるということだ。
官邸は、朝日新聞がどんなカードを持っているのか見極めているよおうだ。
睨み合いが続くのではないか」
と語った。
財務省の太田理財局長は5日の予算委で、近畿財務局の管財部次長が文書の決裁権者だと明らかにした。
財務省内で、どこまで文書の内容が共有されていたかも、焦点になりそうだ。
官邸周辺は
「まだ調査途中だが、本省の関与は考えにくい。近畿財務局内には『(大阪特有の)いわく付きの土地を、うまく処分した』という自負があった。
それなのに、モリカケ騒動で『批判ばかり受けて、足切りされかねない』という不満もあるようだ」
と明かした。
それにしても、最近、財務省絡みの”失態・混乱”が目立つ。
森友問題でも、会計検査院が2017年11月、国有地の売却額の算定が杜撰だったと指摘してから、近畿財務局の内部文書や、森友学園側との協議を録音した音声データの存在が明らかになった。
国会答弁が批判されている佐川氏は2017年7月の就任後、定例記者会見も開かずに「雲隠れ」を続けている。
高い政策立案能力と幅広い情報網で「最強官庁」と恐れられた昔日の面影は、伺えない。
今後、疑惑はどうなりそうか。
背景をどう考えるか。
経済評論家の常念司氏は
「現時点では、書き換えの真偽は判断できない。
ただ、朝日新聞の報道通りなら、近畿財務局は解体を避けられないだろう。
意図的な改竄の場合、2回先送りを強いられている『消費税率10%への引き上げ』を実現したい財務省が、安倍政権にクーデターを起こした可能性もゼロではない」
と語った。
2014年に発足した内閣人事局による、「中央官庁人事の一元化」が影響しているとの見方もある。
元経産官僚でコンサルタントの宇佐美典也氏は
「今回の疑惑は、明確な証拠が示されていない。
仮に書き換えがあっても、公文書管理法に基づく内規で処分されるのではないか。
政権幹部に責任が及ぶとは考えにくい。
ただ、官邸が『政治主導』をうたって内閣人事局を作った影響については考えるべきだ。
出世したい官僚側が、政権に過剰に配慮する『ひずみ』が出ている。
議院内閣制では、政権ごとに政府の陣容は変わらない。
官僚は政府と一定の距離を保つべきだ」
と語った。

●2018.3.6 13:11更新(抜粋)
公明・山口那津男代表、森友書き換え疑惑文書は「言及を控える対応は妥当」
http://www.sankei.com/affairs/news/180306/afr1803060028-n1.html
朝日新聞が書き換えを「確認した」とする決裁文書にも言及し
「もとの決裁文書を朝日新聞は『確認した』と報道しているようだがどうやって確認できたのか。
いつどのように誰が(確認したのか)そこがよく分からない。
検察に当該文書が行っているとすれば外部の者が触れることができないのが普通だ」
と指摘した。

yan********さん

2018/3/623:42:03

まあ、本来はそれは宜しく無いですが、今みたいに野党=反日だとその方がマシとも言えるかな。

野党は維新だけで良いのでは?

kan********さん

2018/3/623:12:43

日本のためとは世襲政治家と馬鹿公務員どもによるギリシャ化の事かね?

ree********さん

2018/3/623:05:56

日本の為ってなんじゃそりゃ
何をもって「日本」って言ってるの?
議会制民主主義を否定してるの?
ごちゃごちゃ端を突くような
疑惑を持たれてもおかしく無いようなことをするからでしょ。
現に森友は疑惑から確証に変わってますけどね

mat********さん

2018/3/623:01:42

気持ちは分かりますが、それでは民主主義国家ではなくなってしまうのでは?
厳正なる選挙の結果なら良いですが

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる