高田清美がメロの名前をノートに書いたときの謎 【デスノート】

高田清美がメロの名前をノートに書いたときの謎 【デスノート】 なぜ高田は、メロを単純に心臓麻痺で片付けてしまったのでしょう? ①トレーラーの運転席から降りようとしたら、コケて転んで頭の打ち所が悪くて即死という殺し方にすれば事故死にできたでしょうし、メロは拳銃を所持していたので②拳銃暴発による出血多量死など、もしくは③拳銃自殺という状況設定も可能だったと思うのですが。 (月がノートで、高田を焼身自殺させることができたわけですから、高田もメロに対してそれぐらいはできたと思われる。) そして、ノート片は警察が来る前に食べてしまえば良かったのです。

アニメ、コミック1,009閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

答えは簡単。 高田は、「紙に名前を書くと、書かれた者は死ぬ」ということしか知らされていなかったから。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

な~んだ、そういうことだったんですか。 そういえば魅上と違って持っていたのはノート一式ではなく、ページ数枚分だけだから使用方法は読んでいないんでしたね。

お礼日時:2008/8/27 21:12

その他の回答(2件)

0

あの時の高田の状況下や恐怖で怯えている心境では、理由をアレコレ書き込むよりとにかく早く殺したかったのでは。 そんなゆとりがない様に思えました。