ID非公開

2018/3/7 16:21

44回答

離婚時の年金分割について質問です。 噛み砕いて噛み砕いて、 ザックリした回答で構わないので教えて下さい。 現在42歳、勤続20年、年収約1000万、 婚姻期間平成12年から18年間。 年金

補足

回答を下さった方々ありがとうございました。ですが、まだ疑問点が拭えないので教えていただきたい事をあえて箇条書きにさせていただきます。 1、厚生年金については合意がなければ元妻に受け取る権利がないのか? 2、元妻が受け取るのは婚姻期間と同期間。つまり、離婚後19年目には支払われなくなる(満額本人が受け取れる)のか? 3、離婚後に再婚しても効力に変化はないのか? 4、受給以前に死亡した場合、元妻でも(仮に再婚していて再婚相手との間に子供がいても)実子がいれば何かしらの請求が出来るものなのか? 以降、感情論になりますが離婚後に再婚し年金受給の歳まで平和に連れ添った場合、元妻よりも現在の伴侶とゆとりある余生を送りたいと考えるものだと思うのですが、それはあくまで感情論に過ぎず、その年齢に達してまで元妻に年金を分割される事を拒む方法は法的にないのでしょうか? 無知ゆえの愚問かもしれませんが、回答お願い致します。

年金 | 家族関係の悩み544閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2018/3/7 23:34

回答ありがとうございました。法的効力なのでどうする事も出来ないのでしょうが、協議の上、莫大な慰謝料を支払いにも合意し養育費も子供が成人するまでの概算を一括で渡しました。その後、年金分割の同意について連絡してこられたので、妻にしてみれば当然の権利なのでしょうが、人として憤りを感じていたところでした。 素晴らしい方と出会い再婚を考えていたので、お相手に申し訳ないような気持ちにさえなりました。 お世話になりました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

愚痴文のような返信になり、すみませんでした。大変わかりやすかったのでベストアンサーに選ばせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2018/3/7 23:35

その他の回答(3件)

0

厚生年金に加入されている、と言うことで良いですよね。 分割の対象は あなたの「年金加入『実績』」を配偶者に半分渡すと言う話で、あなたの貰う金額をそのまま半分渡す、と言うことではありません。 年金事務所に確認すればきちんと説明してくれると思いますが。

0

婚姻期間の18年間分の [標準報酬月額]、[標準賞与額]を分割するだけです。 仮に20年間、固定額で 給与(月額)60万円+賞与140万円×2回=1000万円 だとすると、 婚姻期間中の18年間分を <分割前> ①夫 [標準報酬月額]:59万円 [標準賞与額]:140万円 期間:18年(216か月) ②妻 [標準報酬月額]:0円 [標準賞与額]:0円 期間:18年(216か月) <分割後> ③夫 [標準報酬月額]:29.5万円 [標準賞与額]:70万円 期間:18年(216か月) ④妻 [標準報酬月額]:29.5円 [標準賞与額]:70万円 期間:18年(216か月) に分割するということです。 実際の年金受給額は、この情報をもとに算出されるので、 離婚後、再婚しても、相手が亡くなっても関係ありません。 また、離婚後相手が亡くなっても、 遺族年金との関係はありません。 (※) 婚姻期間外の2年間分については、 ⑤夫 [標準報酬月額]:59万円 [標準賞与額]:140万円 期間:2年(24か月) のままです。

0

老齢年金=老齢基礎年金A+老齢厚生年金(報酬比例部分)B 年金分割はBのうち婚姻期間の分が対象です。妻の分と合算して2分の1ずつにします。(正しくは標準報酬月額・賞与の履歴の金額を半分に分ける) 18年間ではなく一生です。 再婚しても問題ありません。 離婚したら相手分に関する遺族年金はもらえません。

ID非公開

質問者

2018/3/7 22:27

回答ありがとうございました。婚姻期間と同期間ではなく一生なんですか? 再婚しても元妻の受け取れる権利になんら影響はないのですね。 厚生年金に関しては合意しなければ拒む事が可能なのでしょうか? お手数ですがよろしくお願い致します