ここから本文です

台湾ユアサの沿革を教えてください

ram********さん

2018/3/1019:16:23

台湾ユアサの沿革を教えてください

日本のGSユアサの系列会社かと思っていましたが、会社としてはほぼ別会社のようでカー・バイク用バッテリーでもGSユアサの互換品だからといって安心できるわけではないという話をききました。

おなじユアサの名を冠してはいますが、会社設立から現在まで両社はどのような経緯で今のような社名と独立した会社となったのでしょうか。

閲覧数:
198
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rid********さん

2018/3/1115:04:44

元々日本の湯浅電池が台湾に合弁で作った会社です。
湯浅はタイやインドネシアにも早くから進出しています。
ユアサ商事と言う商社も系列です。

その後、1975年に台湾当局による買収で湯浅の手から離れたようです。
米中国交成立による日本が台湾との断交をした辺りの政治的背景があると思いますが、正しく知っている訳ではありません。

英語版ですが、台湾湯浅のホームページの沿革についての説明です。
http://www.yuasa.com.tw/history.php?lang=en

ユアサ商事とロゴのY印が同じようですので、
今でもしっかり関係は有るでしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kun********さん

2018/3/1116:24:03

会社概要については先の方が述べられていますので、製品としては全く問題ないです。
ヤマハ発動機販売のYMT生産スクーターの標準装備品なんですから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる