ここから本文です

賃貸の現状回復費について。 ガイドラインの考えた方として、 「万が一、入居者...

kap********さん

2018/3/1117:09:21

賃貸の現状回復費について。
ガイドラインの考えた方として、
「万が一、入居者の故意や過失でクロスの全面張り替えが必要になった場合でも、6年以上住み続けていれば、残存価値は1円となるため、賃借人の原状回復費用

の負担はありません。」
とありますが、契約書には「家賃には現状回復費などは含まれておりません。借主の故意過失により汚損が生じ修繕費用が必要な場合は、別途実費費用を請求します。」とあります。
となると、6年以上住んでいても落書きされた壁紙は借主側が支払わないといけませんよね?

わかりにくいかもしれませんが、よろしくお願い致しますm(__)m

閲覧数:
44
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bra********さん

編集あり2018/3/1118:38:37

質問主さまの考えている
通りかと思います。

借主は負担することになると思います。
ガイドラインはあくまでもガイドラインなので、
契約書に記載されていていることが優先です。

契約内容に納得して契約して
押印しているとみなされますから。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる