ここから本文です

【イシガニの幼体(?)の飼育方法】 このカニ(※)の名前と飼育方法(単独飼育)を教え...

kon********さん

2018/3/1210:33:01

【イシガニの幼体(?)の飼育方法】
このカニ(※)の名前と飼育方法(単独飼育)を教えて下さい。
《カニの特徴》
1.ライブロックの中から出てきた
2.甲幅10㎜・レッグスパン30㎜
3.ハサミは

真っ黒で長い(片方とれてしまいました)
4.甲羅の模様はイシガニの若い個体によく似ている
5.脚は白と黒の縞々模様

現在(↓)

水槽⇒60×30×36のガラス水槽
同居生物⇒なし(ライブロックから海藻類は生えている)
濾過⇒上部式フィルターとパワーヘッドポンプ
照明⇒蛍光灯18w×2
温度⇒26℃(購入したショップのライブロック水槽と同じ温度)

(↑)このような環境で飼育しているのですが、これで問題ないでしょうか?
またエサは何を与えれば良いのでしょうか?

詳しい方、回答をお願いします‼

※専門学校の先生は写真のカニを“イシガニの幼体”だと言っていたのですが、カニの専門家ではないので間違っているかも知れません。

ライブロック,イシガニ,ライブロック水槽,幼体,ビーシュリンプ,カニ,オウギガニ

閲覧数:
201
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sto********さん

2018/3/1218:46:47

イシガニではないです。
よくライブロックにいるオウギガニ科の仲間です。ただオウギガニ科はカニの仲間の中でも桁違いに種類や亜種、色違いが多いので特定するのは難しいです。
26度は水温高めですね。24度でいいと思います。魚もそうですが温度が高いと代謝が上がりよく成長しますがその分寿命も縮まります。ですから、好みの大きさまで成長させて温度を低めにするのもよいですし、低温のまま大きくそして長期にわたって成長させるのもいいです。
餌はビーシュリンプの餌など与えるのが一番いいですよ。僕はいろんな綺麗なオウギガニを飼っていますが、甲羅がビーシュリンプの餌を与えるとザリガニの餌などに比べて硬くなり、また赤系の色素が上がります。ただメインでビーシュリンプを与えて週に二、三回気が向いた時に動物系タンパク質を取らせるために刺身(イカやタコ、マグロなんでもあり!など)を与えています。自分が食べるときに、ほんの少しちぎって水槽にぽん!って入れてます。おそらく単独飼育でここまで大きい水槽でこのスペックなら何かよほどミスらない限り完璧だと思います。僕はSPSサンゴをパステルカラーなどにせず自然の中の綺麗目な個体であろう個体を自然に近い環境で育成してます。これは、カニをより自然に近い環境で育てたいからです。SPSは一番難しいと言われているので指標になります。
話がそれましたが他に聞きたいことがあれば聞いてください!!

質問した人からのコメント

2018/3/12 22:39:33

素晴らしい回答をありがとうございます。
オウギガニの仲間でしたか(・・;)‼

今日から水温を24℃にしてビーシュリンプのエサを与えてみます(今度刺身も買ってきます)。

サンゴが作り出す野生感は良いですよね。
私も機会があればサンゴもやってみたいです‼

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる