ここから本文です

摂食障害で悩んでいます。 20代後半です。 もう10年以上過食嘔吐をしております...

top********さん

2018/3/1600:52:32

摂食障害で悩んでいます。
20代後半です。
もう10年以上過食嘔吐をしております。

10代の頃は積極的に治療もしようと思わず、
親の言うままにカウンセリングを受け
治したい気持ちはあり

ましたが精神科の担当の先生が信頼出来ず治療の効果は得られず
そのまま過食嘔吐を繰り返し今まで過ごしてきてしまいました。

20代後半になり
結婚し子どもも生まれ
自分のためだけでなく子どものためにも
しっかり治したいと強く思っております。

日々食べる事ばかりが頭から離れず
子どもと向かい合う時間もあまり取れないことがとても辛いです。
昔は治そうと思えば治せると思っていましたが
今は自分だけの力では完治するのは無理だと思うくらい悪化してしまいました。

カウンセリングは以前経験し
人と話すことで良くなるとは思えない部分があり
摂食障害、過食嘔吐に効果のある薬があれば試してみたいと思っております。

肥満気味ではなくどちらかと言うと吐いているので痩せすぎの体型です。
低血糖、低カリウムと昔から言われております。
食欲を抑える薬などはありますでしょうか??

宜しくお願い致します。

閲覧数:
239
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yoy********さん

2018/3/2021:00:56

摂食障害は入院しないと無理です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fua********さん

2018/3/2200:10:55

私の考え方を書きます。
過食嘔吐は、ただ漠然に治そうとする、思うと治らないように思います。

自分が過食嘔吐を始めた時のように、番号鍵の番号を1つずらしただけでスッと辞めてみようかな・・という気持ちになるのが、状態(症状)が軽くなった時だと思っています。

なので自分を無理強いさせることは、精神的にストレスをかけ、状態を良くするどころかもっと悪化させてしまう可能性があると思う。

薬もやめたほうがいい。
薬はあなたを治しません。
神経を落ち着かせる、いわいる脳の中を”幸せ”状態に融和するだけのことです。
いわいる”気ちがい” 精神異常の人が飲む薬と同じだと思っています。
自分は気ちがいじゃない。ですよね。

食欲を抑える薬も同じです。
そんな薬を飲み続けても、薬が切れればまた症状が現れる。

なんでも楽になんでも薬に頼るような方向に考えを持つのではなく、自分をもっと強く持ち、自分で引き起こしてしまったものなんだから自分でぶち治してやるくらいの根性を持ってみませんか?(実際できるかできないかはともかく)

神経は所詮、自分のものです。
食欲の虫垂はくるってしまおうとも、他の部分の神経、自分の考え方、やり方で、回復に導くことは不可能ではないのではないか・と私は信じます。

まずは 自分のしていることを責めず、もっと冷めた目で考える。


過食嘔吐になる人は皆 気まじめで自分の思ったことに一途、そして自分をコントロールする力が強い人が多いと思います。
もっといい加減になることが必要。
特に自分の体重、食べる量には、もっと いい加減、適当に物事を考えるやり方を身に着けるべきではないかと。

自分はもうそういう状態なのだから、その状態と戦わず、どれだけ今の自分の状況に沿った生活、自分に負担が軽く過ごしていくことができるか。それをまず考える。

戦うとストレスが生じますので、戦わず、その状態に身を任す。

そして過食をしている自分と嘔吐する行動を悪いこと、と思うのは辞めることかもしれません。
しょうがないかな、自分の状態をまず受け入れることも大事だと思うわけです。

そして こんなことをしているのは自分だけではない。この世界中には自分と同じことをしている人は何千、何万といるし、もっと苦しんでいる人、死んでいる人もいるくらい。
なので自分は一人きりではないと思う。同じ状況化に置かれた人はたくさんいると思うこと。
仲間がたくさんいるんだ、ということで自分を安心させてください。
少し気が楽になると思います。

たくさん食べ、吐くという行動への罪悪感も多少 軽くなりませんでしょうか・・
もっと気を楽にし、自分への罪悪感をなくすんです。

そしてお子さんがいるとの事、子供、自分の分身を持つ事を大いにエンジョイしてください。
どうやったら子供に迷惑をかけずに自分が吐きに行く時間を作れるか、ご主人に、子供に見られないように、わからずに自分の食べ吐きを続けていけるかを考える。

子供に自分の過食嘔吐のせいで迷惑をかける、悲しい思いをさせることは親として絶対してはいけない事なので。

そして食べることは1日を通して考え、吐くのを1日1回に減らすよう努力することです。
寝る前の夜だけにするとか。
これには年月がかかりますが、少しずつ、調節して行ってください。

吐くのはダメ!ではなく、1日1回吐いてもいいから、もう少し 1日を通し なだらかに食べられるよう、自分で訓練する。

食べ吐きは、習慣から ただ単にダラダラ気持ちが甘えて続けて行ってしまう、という考え方もあるとおもいますので、その習慣を取り除けば軽減することも可能だと考えるんです。(人間は毎日 同じことを繰り返して行う習慣性を好み、その習慣性行動に安心感を覚える動物らしいです)


あと赤ちゃん、子供から 人間が食べなくてはいけないことの意味を感じ、学ぶ。

貴方のお子さんが今おいくつなのかわかりませんが、あかちゃん、子供は 私たちにしたらほんと一口で食べられてしまうような量、物を食べるのに、一苦労しながら食べることで大きくなろうとします。まずいものでもトライしたり、口から出したりしながらそれでも一生懸命 食べます。

私たちが苦しく一番憎んでいる”食べる”という行動ですが、彼らにとっては自分を少しでも早く大きく、強い体になるために必要な欲であり、行動なわけです。

食べないと大きくなれないし、生きてもいけないわけです。
赤ちゃんの離乳食訓練をされたとき、口に一生懸命物を運ぶ姿、食べるという行動、動作がとても大事にはおもい、何かを感じませんでしたでしょうか・・・

自分の子供から 人が生きるために必要な 食べるという行動に対する意味を学び、感じるんです。

そして赤ちゃんにとってはあなた、(ママ)が全てです。
貴方がいないと生きていけない。
あなたが決めたこと、与えたものがその小さな人間の全てになる。
その小さな命、人間は自分の全て、命をあなたに預けているという事、理解していますか?

そこから自分はこの小さな人間に頼られていることをかみしめ、責任感を感じるとともに、自分のたくさんの愛を注いで上げるんです。
赤ちゃんもあなたに”信頼”という、最大の愛を全身で与えてくれていますので。

貴方がダメになったら、その小さな人間も自分では何もできないし、だめになってしまう。
(父親は毎日仕事に出ないとお金も無くなる事情から家にいられないし、面倒を見る時間もない、しかも人を育てるという女性のような素質、心が男性にはないので母親の代わりには絶対なれません)

それを絶対に忘れない事。

貴方も書いていますが、子供ために自分を良くしたい、これは絶対に忘れてはいけない気持ちです。
自分のためではなく、自分を頼ってくれている子どものために、自分を治すんです。

話しは長くそれましたが、言いたいことは、子供から食べることの大事さを見て感じて学ぶ。
を改めるチャンスがあなたにはあるということなんです。

子供はあなたの最大の味方です。
太っていても関係なし。多少悪いことをしていても、いつも自分を頼り、愛してくれ、最高の人間だと思ってくれますので。
なのでママもその期待に応えたい、そういう信頼関係がものすごく強いと思います。

若い子、子供のいない人、持てない人には感じること、体験することのできない心にしみわたるような根底にある強いきずな、信頼関係ですから、
この病気を抱えながら子供を持てただけ、とてもラッキーだと思うし、すでに治す事に関しては優位に1歩踏み出していることを忘れないでほしいし、それを絶対自分に有効に利用すべきだと思います。

食べることが辞められない。
私が考えるに、食べることが辞められないのは、吐くからだと思っています。
吐くとお腹が減ります。食べて広げたいを吐くことで一気にしぼめ、胃にほぼ何も入っていない状態になるので。
簡単にゼロになる(と思い込める)ので、なのでまた簡単に手が出て食べてしまう。

吐くという行為は簡単に、すべての罪悪感と問題を即時に消去できることが最大の罠、次の過食を安易で容易な気持ちで引きずり起こす原因だと思います。

食べ始めると、”どうせ吐くんだから、” ”またどうせ即時に解消できるから” という、すでにあきらめた気持ちで、どうせ1度吐くならどのくらい食べても同じ、と思うケチ癖?も働いて、胃が破裂するくらいまで詰め込んでしまう。

そして
これ以上食べ物が入らないのを感じると ”これではいけない!太ってしまう!”というあせりからと、吐く行動が避けられない。吐かずにはいられない状況を作ってしまう。

そして吐くからまたお腹が減る。

この悪循環だと思うんです。
これを私は”地獄のサークル”と自分で呼んでいます。笑

この ”過食” という駅と、”吐く”という駅がこうごにあるサークルの上をスピードのついた自分という列車がガンガン 円状にただただ毎日ぐるぐる走り続けている。

そのうちスピードが出てきて 自分でもブレーキを利かすことができないくらい、コントロール不可能な状態になってしまい、毎日ただひたすら回り続けていることに自分で嫌気がさして、疲れてしまっている状態。
異常な状態だと自分でもわかっている。

この円状の線路からどうにか抜け出したい。
そう思った場合、何ができると思いますか?

そうです。円のどこか、1部を断ち切り、線路を円の外側に向けて出してやることだけが唯一、その円呪縛から逃れられる方法だと思うんです。

それではどこが断ち切れる場所か?人間食べないことはできませんし、食べることを制限するとそれがストレスになり、次の食事にはドカ食いになりやすくなるので、吐くという行為の前でブレーキをかけることが一番レールを外しやすい部分かと思うんです。

吐く回数を少なくすることでスピードが弱められるのではないかと。
いきなり止めるとストレスになり、倍返しで戻りますので、やめることを考えず、回数を減らすことを考える。
1日1回、夜寝る前の夜のみ、に決めてはいかがでしょう。

吐く回数を少なくすれば胃にものがとどまる時間も出てくるわけで、消化する時間もでてきますので、あなたの体も、栄養が少し取れてくるようになることで、食べるという行動も落ち着いてくるのではないかという考え方です。

これは自分への訓練です。胃にものが入っている感覚を取り戻す。
胃にものが入っている状態でも、他の人と同じように、焦ることなく普段の生活ができるようになるような訓練です。

それが完成するには長く年月がかかりますが、そのサイクルに慣れ、実生活に目が向いてくると趣味にも気が向いて(心に余裕が出る)気持ちが多少が変わってくると思います。

がんばれ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mai********さん

2018/3/1816:52:31

10年もですか
辛いですね
↓どちらの薬もありません

>摂食障害、過食嘔吐に効果のある薬があれば試してみたいと思っております<
>食欲を抑える薬などはありますでしょうか<

それどころか 摂食障害は病院へかかっても
簡単いは治らないのです
アメリカでも摂食障害は 難病と言われています
アメリカで治らないことは
日本の病院で治ることはないでしょう

摂食障害など心の病気の治療は
⑴ 原因を見つける
⑵ 原因に合った治療方法を探しその治療をしてくれる
・・病院あるいはカウセラーを探して治療を受ける
ことです

このようなことは難しいことです
ある程度専門的な知識が必要でしょう
人間の心のことや摂食障害のことを
基礎から学ばれることをおすすめします
病院にかかっても治らないのですから
ここまでして治すほかないのです

難しいことですが
あなたも考えているようにお子さんのためにも
早く治すと良いでしょう
自然に治ることもありますが
反面 いつまでも治らないことや
うつなど心の病気になることもあります

私のプロフィール欄に私が調べた
摂食障害のことを書いておきました
のぞいてみてください

miy********さん

2018/3/1812:27:03

食欲抑える薬(サノレックス)はありますが、BMI35未満の場合は全額自己負担になります
薬自体は1錠200円前後、1日1錠から3錠服用になります。
後は診察費用、調剤費用がかかりますので大雑把に言って一回の診察と処方で2万は必要と思っていいでしょう(診察、検査内容、薬剤の服用日数、量によりますが)

ただし、副作用が強く依存性の高い薬(分子構造が覚せい剤に類似)なので、最初から短期間(長くとも7日)試してみると決めた上で使用することです。
それで効果がなければ、どうしてもという場合は間隔を置いて再度試すか、後はきっぱりあきらめて別の方法を試すのが良いと思います。

まずは食欲がとまるという結果がでることが大事だと思います
過食が一度でもとまればなかり精神的に楽になるし、過食はとめられるという自信がつけば、自然と回数も減り過食行為自体なくなるのではないかとおもいます。

美容クリニックでなくとも、内科などでもだしてもらえます。
簡単には出してはくれないので、あくまでも可能性があるなら短期間試してみたい、それでだめなら他の方法考えると、全額自己負担になる事は承知している、副作用のことも理解していることを話して、理解してもらった上でだしてもらうといいでしょう。
あくまでも、短期使用で効果なければ別の方法ためしてみるということはわすれないようにしないといけないです。

あと、日本で承認されていない薬も海外にはありますが、副作用起きたときの補償がないのと偽薬も多いのでお勧めしません。
食欲抑える薬として海外で承認、販売されている薬は今は2種類(以前は3種類)ありますが日本で入手できるのは1種(米国で承認されたもの)だけです。
あとは怪しいサプリだったり、食欲ではなく脂肪や糖分の吸収おさえるものくらいしかありません。(食欲がおさまるのではないので無意味)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jin********さん

2018/3/1608:23:44

うつカテかな?

has********さん

2018/3/1603:58:21

摂食障害を根本から治したい…とお考えでしたら、信用・信頼できるDr.を時間を掛けてでもお探しになる事をお勧めいたします。

またその病院で、主様と相性の良いカウンセラーのカウンセリングをお受けになる事を、やはりお勧め致します。
(※かかりつけの病院とは別の場所でカウンセリングを受けると、料金が高くなる事が多いです)

Dr.もカウンセラーも、信用・信頼・相性が大切です。

ちなみに本来カウンセリングとは、カウンセラーと話をするのが目的ではありません。
カウンセラーは基本聞き役に徹します。

主様がカウンセラーに様々な話や、現在・過去問わず鬱憤を吐き出す➡︎カウンセラーは相槌くらいは打つものの基本傾聴。時々助言もします。➡︎カウンセラーはいわば主様の鏡のようなもの。
そこで主様本人が、新たな気づきなどを得て、どんどん変わっていく…というもの。

なので、家族や友人ではカウンセラーの代わりは出来ないのです。
すぐに口出ししてきたり、自分の意見を投げかけたりする人が多いですからね。。

石の上にも三年と言いますので、
カウンセリングは短くても3年は続けられるお気持ちで挑まれ、摂食障害を根本から治して頂きたく思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる