ここから本文です

同期電動機の位相特性を説明するベクトル図で、界磁電流を大きくした場合(進み電流...

tor********さん

2018/3/1610:51:43

同期電動機の位相特性を説明するベクトル図で、界磁電流を大きくした場合(進み電流が流れる)に誘導起電力が供給電圧より大きくなっています。

誘導起電力が供給電圧より大きくなったら電流が逆流しそうな感じがします。
界磁電流が小さい場合のベクトル図から界磁電流を大きくしていけば力率が1に近づくのはイメージ出来るんですが、それを超えることがイメージ出来ません。
お願いします。

閲覧数:
177
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hek********さん

2018/3/1711:09:30

「無効電流が逆流」で、それほど間違ってはいないかも
ベクトル図は添付図のような感じ(以下、Ip,Iqなどは大きさだけを表しています)

同期機の内部インピーダンスは、リアクトル成分が大きいので、話を簡単にするために、内部インピーダンスを純粋なリアクタンスXとしています
誘導起電力が小さい時(E1)では図のように有効電流Ipと無効電流Iq1が流れてる
で、機械的な負荷を変えずに(ということは有効電流一定で)界磁を変えると
Xipの分(電源電圧Vから垂直な成分)を保ったまま、内部起電力Eの大きさが変わります
(てことで、EとVの位相差も同時に変わってる)
で、界磁を大きくしていくと、あるところでIqが0になり、さらに界磁を強めるとIqの向きが反転します(E2,Iq2の状態)
ただし、このときでも、Ipは同じ大きさで流れています

「無効電流が逆流」で、それほど間違ってはいないかも...

  • 質問者

    tor********さん

    2018/3/2017:04:59

    なるほど有効電流一定で考えると分かりやすいですね。
    力率が良くなれば電流は小さくなるがそれは無効電流の変化分で
    出力は一定ですものね。
    で、誘導起電力が供給電圧を超えても位相が違うので有効分は逆流しないと。
    もし磁気飽和がなく、どんどん界磁電流を大きくしていき
    そのベクトルがIpの逆位相になったらモーターは止まるってことでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる