ここから本文です

真剣な悩みです。不動産関係の裁判について

mao********さん

2008/8/2911:52:47

真剣な悩みです。不動産関係の裁判について

今、アパートと一緒に駐車場を借りているのですが、その駐車場の裏は雑木林になっています。

引越しして1ヶ月位した時、車に何やら赤いものが付着しており、こすっても取れず洗車しても取れませんでした。

調べてもらったら木の樹液でした。

駐車場に長く折れ曲がった木が車に覆いかぶさっていたのでそのような状態になってしまったのだと思います。

私はすぐに管理会社へ電話し、木の伐採と車の清掃料の支払いをお願いしました。

木の伐採はしていただいたのですが、正直「切ったの?」という感じでこれではまた汚れるのは目に見えています。

とりあえず、場所の移動とこれからの保障そして、清掃代を申し出た所、完全に「無理です」と断言されました。

間に管理会社を入れ、大家に話してくれたそうですがお金は出せないと大家は言ってるようです。

何度も交渉しましたが、管理会社は「無理」の一点張りです。

私の車は新車でつい最近買ったばかりです。

その車をあんなひどい状態にされてとても残念です。

車を綺麗にするには、何度も磨きをかけないと無理だそうです。
金額も7万近くかかるそうです。
そして、磨く事によって新車は細かい傷がつくそうです。
でもそれをしても完全に綺麗になるかはわからないし、窓についた樹液はもう取れないといわれました。

精神的にもショックが大きいです。

どうにか、大家からお金を請求する方法はありませんか?

色々対応にも頭にきてるので、裁判で戦ってもいいと思っています。

その際、勝てる見込みはありますか?

管理会社は自然災害と言っていますが、人的災害ですよね?

大家が木の伐採を怠った為、おきたのですから。
綺麗に切っておけばこんな状態にはならなかったんです。

この手の問題に詳しい方、返答お願い致します。

補足裏の雑木林は大家さんの土地です。

ただ、土地が広いので他にも2人所有者がいるそうです。

管理は大家(他2名)でしてると思います。

閲覧数:
596
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

to_********さん

2008/8/2912:03:21

原因の雑木林の所有・管理者はだれなのでしょうか?
大家さんの持ち物なのでしょうか?

追記願います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tuk********さん

編集あり2008/8/3009:39:01

あなたの借りている駐車場のスペースが固定していれば、占有訴権があるのですが。
質問の文面「場所の移動とこれからの保障そして、清掃代を申し出た所、完全に「無理です」と断言されました」からは
あなたの借りている駐車スペースは固定しているようにもみえるのですが、固定した駐車スペースでないとこの占有訴権
は使えませんが。
つまり、あなたの借りている駐車スペース(あなたの占有権のある場所)を侵害(駐車自動車の汚損を招く)している
隣地の木の伐採を隣地の管理者に請求する権利が駐車スペースの借主であるあなたにある、ということです。
そして隣地の管理者が適切な伐採をしなかった場合、今後生ずる損害については賠償を請求できる、となります。
参考までに。

[参照] 占有訴権
占有訴権(せんゆうそけん)とは、占有物に侵害があった場合、占有者が占有権の効力としてこれを排除することを請求しうる権利のことをいう。以下の3つの訴えがある。所有権の効力として認められている物権的請求権の内容にそれぞれ対応する。

占有保持の訴え(198条)
占有者がその占有を妨害されたときは、占有保持の訴えにより、その妨害の停止及び損害の賠償を請求することができる。
占有保持の訴えは、妨害の存する間又はその消滅した後1年以内に提起しなければならない。ただし、工事により占有物に損害を生じた場合において、その工事に着手した時から1年を経過し、又はその工事が完成したときは、これを提起することができない(201条1項)。
占有保全の訴え(199条)
占有者がその占有を妨害されるおそれがあるときは、占有保全の訴えにより、その妨害の予防又は損害賠償の担保を請求することができる。
占有保全の訴えは、妨害の危険の存する間は、提起することができる。この場合において、工事により占有物に損害を生ずるおそれがあるときは、201条1項ただし書の規定を準用する(201条2項)。
占有回収の訴え(200条)
占有者がその占有を奪われたときは、占有回収の訴えにより、その物の返還及び損害の賠償を請求することができる。
占有を侵奪した者の特定承継人に対して提起することができないが、その承継人が侵奪の事実を知っていたときは、できる。
占有回収の訴えは、占有を奪われた時から1年以内に提起しなければならない(201条3項)。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる