ここから本文です

『不安障害』で「精神障害者保健福祉手帳」の申請 現在『不安障害』で通院中で...

miy********さん

2018/3/2015:53:27

『不安障害』で「精神障害者保健福祉手帳」の申請

現在『不安障害』で通院中ですが、通院しているお医者様に、「精神障害者保健福祉手帳」の申請の件を相談したところ、申請要件に当てはまらず、申請に必要な診断書は

書けないとのことでした。

------------------------------

当方の症状ですが、

昨年2017年8月下旬より、車の運転中、めまいや目の前が真っ白になり意識が飛ぶという体調不良を起こしました。その後も自宅で過ごしている時に、めまいや手のしびれ、手汗が酷くなり、内科で健康診断をしましたが問題なく、精神的な症状であろうと、精神薬「デパス」を処方してもらいましたが改善せず、また理由なく右目が痛くなるなどしまして、眼科にもかかりましたが、問題ないとのこと。

そこで、内科から心療内科に転院、『不安障害』と診断を受け、現在も投薬治療を続けています。現在、投薬としては精神薬として毎晩「パキシル10mg」「リーゼ5mg」を毎日と、寝る前に睡眠薬として「リスミー1mg」を適時服用しています。

生活としては、車の運転で70キロを超えて速い速度で運転すること(高速道路など)、長い時間運転(20分~30分以上)することが難しく、過去に前記の発作が再発したことから、発症後はごく近距離の移動(買い物など)でしか利用しません。
運転の際には予防的に飴玉をなめたり水を適時飲み、気分を紛らわせながらの運転です。

日々午後から夕方にかけ、頭がモヤモヤしたり一瞬意識が飛んだりすることがあります。またコーヒーやお茶を飲むとカフェインの影響で症状が悪化してしまうことがあり、控えたりしていますし、どうしても飲みたいときは、いわゆるデカフェ(カフェインレス)を飲むようにしています。

----------------------------

先生のご説明では、私の症状は軽い方で、同じ症状では過去にも診断書を書いたことはないとおっしゃいます。法律が改正されれば、助けられるけどともおっしゃいます。

皆様にお聞きしたいのは、「不安障害」で、「精神障害者保健福祉手帳」を申請認可を受けるのはやはり困難なのでしょうか?。

車での移動が辛くなった現在、日常の移動などは可能な限り徒歩で、通院など遠方になると私鉄の電車やバスを利用するのですが、「精神障害者保健福祉手帳」があれば多少は金銭負担が軽くなって助かります。

先生は本当にやさしく接してくださり、信頼できる方なので、今の当方の心境は、「そうなのかダメなのか」と納得してはいますが、同じような症状をお持ちの皆様にとっては、もう少し法律?の解釈が広くなれば助かるのにと思ったりします。

閲覧数:
2,723
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dra********さん

2018/3/2023:59:55

セカンドオピニオンとしてよろしければ参照してください。

>『不安障害』で「精神障害者保健福祉手帳」の申請、現在『不安障害』で通院中ですが、通院しているお医者様に、「精神障害者保健福祉手帳」の申請の件を相談したところ、申請要件に当てはまらず、申請に必要な診断書は書けないとのことでした。

了解しました。

>当方の症状ですが、昨年2017年8月下旬より、車の運転中、めまいや目の前が真っ白になり意識が飛ぶという体調不良を起こしました。その後も自宅で過ごしている時に、めまいや手のしびれ、手汗が酷くなり、内科で健康診断をしましたが問題なく、精神的な症状であろうと、精神薬「デパス」を処方してもらいましたが改善せず、また理由なく右目が痛くなるなどしまして、眼科にもかかりましたが、問題ないとのこと。

詳細な事実は分かりません。あくまで参照としてください。
病気とまで診断されない、低体温による免疫力低下が原因の体調不良かもしれません。免疫力低下により、腸内の常在菌や口腔内の細菌が血液の流れとともに運ばれ体内の細胞に感染しミトコンドリアが駄目になり不調をもたらすという説があります。

>そこで、内科から心療内科に転院、『不安障害』と診断を受け、現在も投薬治療を続けています。現在、投薬としては精神薬として毎晩「パキシル10mg」「リーゼ5mg」を毎日と、寝る前に睡眠薬として「リスミー1mg」を適時服用しています。

薬は根本的な解決になりません。
むしろ、
不安を安心に変えようとして心をコントロールしようとなさる事でかっとうしてくのうされているのですから、その意味で薬も、この障害を成り立たせ存続させる要因になっています。

>生活としては、車の運転で70キロを超えて速い速度で運転すること(高速道路など)、長い時間運転(20分~30分以上)することが難しく、過去に前記の発作が再発したことから、発症後はごく近距離の移動(買い物など)でしか利用しません。
>日々午後から夕方にかけ、頭がモヤモヤしたり一瞬意識が飛んだりすることがあります。

これは、不安障害の症状というより、薬の副作用が疑わしいです。
先生にお確かめください。


>皆様にお聞きしたいのは、「不安障害」で、「精神障害者保健福祉手帳」を申請認可を受けるのはやはり困難なのでしょうか?。

現状、そのとおりです。

>先生は本当にやさしく接してくださり、信頼できる方、、
>主治医様が語ったデメリットの真意が気になりますね。

このお医者さんは分かってらっしゃるのかもしれません。
病気として扱い続ければ、一生回復する事はないからです。
そして、付き合っていくというのはおすすめしません。
早々と離脱すべきです。

ちなみに、
不安障害についてですが、一般世間で言われている精神療法の常識でないコメントです。
不安障害は、精神の病気として治そうとすると治りません。
不安障害は病名らしい名称ですが、他の精神病と違い、病気ではありません。
実質、「こだわり」「とらわれ」に過ぎません。
心理テスト上、精神状態は正常です。ですから、無理をしてかまいません。
自分の状態が異常なものと感じられた時、精神の病気の症状として認識して、
治そうとするところから不安障害的な苦悩が始まります。
治されるべき自分対治そうとする自分の葛藤がこの障害の苦悩の本体です。
不安障害の自分だと認識し概念化するから、葛藤し、自分で自分を苦しめます。
特筆すべきは、病識があり、葛藤があることです。
それは、精神の病気ではなく、正常であるから成り立つのです。
「こだわり」をとらわれないようにしようとして、かえって、それでとらわれているのです。
自分を認識し相手して、心に用事すれば、好きなだけ、苦しむことも可能です。
生活に向けられるはずの努力が、心に用事し治そうとすることに向けられ自縄自縛するのです。

自由になりたければこれを機に自由になってください。
具体的に、申し上げれば、
病気として認識して治そうとする、
内側に向けた自分心に向けたそういう熱心な努力を止まる事です。
内側に向けた自分心に向けたそういう熱心な努力が結果として止まる事です。
そういう結果はいつもたらされるかと申し上げれば、
自分・心には用事しない。(これは普通の精神療法とは真逆)
ただ、
外向きの目の前向きの行動には工夫する用事する。
その時その場で、すべき事したい事に向かう用事する。
その時に自動的に、知らずに、そうなります。
その時本人にはそういう自覚がありませんそれが本直りです。
治るのでなく、「直る」元の状態にもどるだけです。

私たちの意識は同時に二つに向かないようにできてるのです。
外側・目の前のその場その時の目的に向かう時は、
自動的に、自分・心はおろそかになり、問題として作用しないわけです。

つまり、
力の入れ所は目の前というだけ。
簡単です。

この簡単な事を申し上げるのにいろいろな療法を経て多くの年月お金を消費しました。

よろしければ実行してください。
実行以外何も反映されません。
もしうまくいかない場合、よろしければ再度ご質問ください。

  • 質問者

    miy********さん

    2018/3/2114:51:31

    返信ありがとうございます。
    長い時間パソコンに向かいお手間を取って頂き申しわけありません。
    drahnnyさん、今回の件でお詳しいようですが、お医者様でしょうか?。

    >不安障害は病名らしい名称ですが、他の精神病と違い、病気ではありません。

    ん~病気でないと・・・何と返答すれば良いのか言葉が詰まります。
    申し訳ありません、甘ったれているのかもしれませんが・・。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「精神障害者保健福祉手帳」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mit********さん

2018/3/2409:55:06

行政の分類上、精神障害は、身体・知的(知能指数が基準)を除くその他障害です。
その為、就労を妨げる精神症状(会話が難しい・記憶力が低下しているetc)をもって判定されます。
(3級でさえ「就労に制限のかかる状態」とされていて、一般就労が出来ているのなら3級でさえ認定されない)

「不安障害」との事ですが、「就労を妨げる精神症状」での該当項目が少ない傾向に有り、障害認定されにくい状況だと思います。
それは、記憶障害等の高次脳機能障害と同じで、重度でやっと、精神3級で認定される感じと似ていると思います。

昨年8月からという事は、まだ1年も経過しておらず、その症状に成った要因さえ明確で無いでしょうから、逆に、突然治る可能性も有り、医師としては判断に困っている感じだと思います。

その状態が継続して行けば、精神での認定に成ると思われますが、逆に、車の免許は停止される可能性が高いと思います。
(短距離で有ろうとも車の運転自体が問題で、どうしても運転したければ、免許センターで検査を受け、免許継続の判定を受ける必要が有る。
事故時に、その障害症状が有るとバレれば、自賠責を含め、一切保険金は出ませんよ)

ちなみに「デパス」等の向精神薬は治療薬では有りません。
一時的に精神を安定させる薬です。(≒麻薬と同じ作用=大量または長期に摂取することは推奨されていない)

また、専門は心療内科では有りませんよ。
心療内科の専門は、精神的な下痢症状等の、精神が起因した内科症状です。

専門は、精神科か脳外科です。
(脳の障碍を調べ対処するのが脳外科で、原因が特定できなければ精神科という感じ)

「もう少し法律?の解釈が広くなれば助かるのにと思ったりします」
→制度の問題では無いと思います。
認定される、されないの、境界は必ず存在しますから。

ここからは個人的な見解ですが、車の運転をしていると言う事は、自らは軽い精神障害で有ると思っていて、それを、医師に見抜かれているのでは?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kit********さん

2018/3/2020:44:06

お辛い状況だと思います。でも、主治医が手帳の
症状にあたらないと判断しているのであれば、
どうしようもないと思います。

手帳の制度ができたときに、主治医からこのような制度が
できたけど、私はメリットよりデメリットの方が多いので
勧めないと言われました。なぜか?は聞かなかったので
ここで説明できません。

不安障害とのことですが、外出等はしんどいのでしょうが
生活に必要なことは実行できているのかなと思います。
不安障害が強くなると、高速道路の運転はできなくなります。
いわゆる広場恐怖です。

私の場合、不安障害と付き合いながら生活していますが、
一番つらい仕事をどのように楽にできるようになるか、
いつまで働くのか、なんてことを考えながら、
生活しています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる