ここから本文です

「年金受給選択申出書」について教えてください。 日本年金機構のホームページを...

b19********さん

2018/3/2110:49:51

「年金受給選択申出書」について教えてください。
日本年金機構のホームページを開くと、2つ以上の年金を受給できる場合、どちらか一方を選択する必要がある。

との記述がありましたが、例えば、老齢基礎年金と遺族共済年金、遺族厚生年金、企業年金など一人の方が複数の年金を同時受給している場合があると思います。
街角の年金センターで問い合わせると、複数の年金を受給するためには、受給できる年金の組み合わせがあり、また人によって、その条件はまちまちなので、一概に言えない。一般的な制度の概要については、電話では説明しづらいので、本人確認のできる書類をもって、近くの年金事務所を訪ねて該当者の年金について個別具体的な説明を受けてください。といわれました。
年金制度は複雑で、書店には「年金についてよく分かる本」などという本がたくさん販売されているのは、分かりますが、あまり詳細は記述されていないように思われます。社会保険労務士と呼ばれる人でないとなかなか、一般人には理解しずらいことはわかりますが、複数の年金を同時受給できる場合、或いは複数の年金を同時受給できない場合とは具体的にはどういう場合なのでしょうか?わかる範囲でお答えいただくと助かります。

閲覧数:
574
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gte********さん

2018/3/2111:12:36

昭和60年改正以前の旧法の公的年金や一元化前の共済年金まで含めると、やや複雑になりますので、基礎年金と厚生年金についてのみ説明します。
なお企業年金は公的年金ではありませんから、公的年金との併給は全く制限されません。

併給できる組み合わせは以下の通りです。

65歳未満
障害基礎年金+障害厚生年金
遺族基礎年金+遺族厚生年金

65歳以上
老齢基礎年金+老齢厚生年金
障害基礎年金+障害厚生年金
遺族基礎年金+遺族厚生年金
老齢基礎年金+老齢厚生年金+遺族厚生年金(老齢厚生年金との差額のみ)
障害基礎年金+老齢厚生年金
障害基礎年金+遺族厚生年金

  • gte********さん

    2018/3/2111:20:40

    なお、基礎年金と共済年金の併給であれば、基礎年金と厚生年金との関係と同じと考えてください。共済年金を含めると「やや複雑になる」と書いたのは、基礎年金、共済年金、厚生年金の3つが受給できる場合を考えなければならなくなるからです。

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる