ここから本文です

鉄を含む有機錯体1分子のスピン状態を理解するために第一原理計算を適用する場合、...

アバター

ID非公開さん

2018/3/2923:00:03

鉄を含む有機錯体1分子のスピン状態を理解するために第一原理計算を適用する場合、その第一原理計算に相対論の効果を取り込む必要がありますか? 非相対論的な計算方法でも使えますか?


の質問が難し過ぎる場合、この問いを解決する上で参考になる文献を紹介していただければ幸いです。

閲覧数:
17
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tor********さん

2018/3/2923:06:23

ない>相対論

あなたは相対論をどう思っとるのだ。
相対論が効くのは、重原子の場合であって、鉄程度では無視して良い。

また、一般的につかわれる有効核電荷ポテンシャル関数には、そこらへんの事情は考慮してある。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/3/29 23:23:52

ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる