ここから本文です

不動産の税金を現在勉強中のものです。 銀行から借り入れを行い、不動産を購入し...

ror********さん

2018/3/2522:12:37

不動産の税金を現在勉強中のものです。

銀行から借り入れを行い、不動産を購入した場合、
土地・建物の借入利子はそれぞれどのように計算するのでしょうか。

売買契約書に土地と建物の価格が通常記載されているかと思いますが、
その割合がベースになるのでしょうか。

例えば、不動産の価格が1億円(土地価格5000万円、建物価格5000万円)
借入が7000万円だった場合、土地・建物それぞれ3500万円ずつになるのでしょうか?

また、土地建物の価格は不動産会社が売主と協力して自由に設定できると
聞いた事があるますが、これはどうなのでしょうか?
もしそんな事が可能であれば、建物の価格を高くして、消費税還付を受ける事も可能ですし、
損益通算不能損失額をできる限り少なくし、損益通算可能損失額を増やす事が出来き、
所得控除を大きくする事が出来ます。

バラバラと大変恐縮ではございますが、税金について詳しい方ご教示頂けないでしょうか。

閲覧数:
69
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2018/3/3018:27:11

不動産を購入した場合、現在は必ず「対価証明」と言う書類が発行されます。借入金はそれに基づいて案分計算します。言うように7千万の借り入れならおっしゃる通りです。
不動産会社が買主や売主と勝手に取り決めていた時代も昔はありましたが、現在では考えられません。特に消費税導入後は厳しくなりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる