ここから本文です

水換えを必要としない飼育法について。 メダカ飼育の本に記載されてました。 ...

nan********さん

2008/8/3113:18:03

水換えを必要としない飼育法について。
メダカ飼育の本に記載されてました。

よく洗った赤玉土をプラ舟に入れ、
熱湯を土がかぶるまで入れ熱湯消毒し一日置いて、
次に水生植物を植えて水道水を5分の4まで入れ、
掃除用の貝を入れ、
最後にストローで息を水中に吹き込み二酸化炭素を補充して1~2日置いたら、
驚く程、水が澄み渡っているそうです。
これで生物循環のシステムビオトープが完成し、
後は蒸発した水を追加するだけでいいと記載されております。

実際試された方はいかがでしたか?
又、これは屋外飼育だけで室内だと無理ですか?

補足二酸化酸素を吹き込むのは、水中バクテリアを発生させるためだそうです。でも、(大きな容器の場合は必要なし)と書いてありました。

閲覧数:
31,879
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kuj********さん

2008/9/204:15:11

いや、久々に笑わせていただきました。
ありがとうございます。
取り敢えず、その本はゴミ箱に捨てましょう。
嘘ばっかりです。

まず、水替えを必要としない飼育法はありません。
1年足し水だけというのであれば、ちょっと知っているアクアリストだったら出来ます。
でも、水替えを全くしなくて足し水だけというのも、魚を生かせてはおけますが、害はあるので、(誰もが通る道ではありながら)知識のあるアクアリストはやらなくなるのです。

・餌に含まれる無機物は、水槽内に蓄積し、浸透圧を上昇させ、メダカに負担を掛ける。
・餌から発生した硝酸は、飼育水を酸性化させ、最終的に適正水質から外れる。
・微量だが必要なミネラル類に過剰(有害)と不足が出来てしまう。
・水質が水道水から大幅に外れていき、それに魚も慣れるため、リセットの際の負担が大きくなり過ぎる。
・赤玉土は各種物質を吸着する。吸着後、飽和すると水中の物質と吸着した物質の置き換えが起こる。すなわち、特定物質の大放出による水質急変に繋がる。
・土の中に未分解の有機物やバクテリアの死骸が増えていき、ヘドロ化する。ヘドロによってバクテリアへの酸素供給が絶たれ、病気の発生源と原因となる。

水替えをしなければ、これだけデメリットがあるのです。

まあ、初心者のうちは知識がないので、弄くり過ぎてミスを自ら作りだし魚が死んでしまうことも多くあります。
従って、あまり弄くらないようにと言いたかったのかもしれません。
しかし、水替えしないことにより、潜在的なリスクはどんどん大きくなり、ある時吹き出すことになります。
これは上手い飼育かというと、違うでしょう?

多くのアクアリストがたどり着く先は、「月に1~2回の水替えならば、そう負担にならない。それが出来るような数を飼おう、維持をしよう。」というところです。
なにも、水替えなしなんて、魚に負担を掛ける飼育法をする必要はないのです。
ただ、初心者にとっては水替えなしというのは、憧れかもしれませんが。


> よく洗った赤玉土
赤玉土は崩れやすいので、焼結赤玉の方が良いように思います。
初期は強く酸性に傾ける場合があるので注意。

> 熱湯を土がかぶるまで入れ熱湯消毒
熱湯消毒?意味が分かりません。
熱湯消毒では完全滅菌など出来ませんし、そもそも消毒する意味が不明です。

> 最後にストローで息を水中に吹き込み二酸化炭素を補充して1~2日置いたら、
こんなの主張するほど知識がないプロはいないはず...だと思いたい。

> 二酸化酸素を吹き込むのは、水中バクテリアを発生させるため
これも嘘です。
ストローで吹き込む程度では意味ないです。
吐いた息は、二酸化炭素の割合が多少多い空気に過ぎません。
メダカを飼育する際に活躍するのは、主に好気性バクテリアで、二酸化炭素よりも酸素が不可欠です。

-----
プラ船に焼結赤玉か、アクアソイルを入れ、水を張る。
水草や水生植物は大目に植える。
適当に貝も入れておいてよい。
飼育する魚は少数にする。
餌も少量しか与えない。
水替えは月1~2回で済むくらい。(すなわち魚の数と餌の量の調整)
1~2年で限界が来るのでリセット。

こんなところでしょう。

質問した人からのコメント

2008/9/2 11:09:03

感謝 私は別に水換えなしに憧れていません。初心者なので、どんな飼育が良いのか調べているのです。まず本を買ったらそう記載されてたので質問させて頂きました。片根 得光著者(日本のメダカを飼おう!)とゆう本です。何が正しいのかわからないくらい、いろんな方が言う事が違ったりするので、いろんなところから情報収集しています。でも貴方の過去解答見てとても参考になりました。ありがとうございました。

「メダカ 水換え不要」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sho********さん

2008/9/112:46:02

二酸化炭素をふきこむのは、水中には発生させにくい嫌気性細菌を発生させやすくするためだと思われます
二酸化炭素下だと発生しやすいので。
ただ、循環装置は使えないと思いますし、そのバクテリア量と
魚と、植物のバランスがとてもよく循環しないと
どんどん水が悪くなっていくんじゃないでしょうか・・・。
野外の場合も、いろんな要因があると思うので、まず
光合成のために日光に当てている時点でみずが緑色になっていくと思いますし・・・
透明で美しい水を維持するのはなかなか大変なんじゃないでしょうか。

室内で行う場合は、光合成のためのライトを設置して、やってみてもいいと思いますが
うまく行くためには、それぞれのバランスを追求してやっとたどり着くような気がします。

aka********さん

2008/8/3121:15:04

ご丁寧にそんなことをしなくても多くの水に少ない数で飼えば水換えしなくても大丈夫な場合があります

him********さん

2008/8/3113:55:57

二酸化炭素を吹き込む理由がわからないですね。。。。
植物の光合成のためだと言うなら、大気中の二酸化炭素で
十分足りますから。。。。。

その行程で生物濾過のシステムができるとは思いますが、
貝以外の生体は1〜2ヶ月待ってからの投入がいいでしょう。
また、投入数も極わずかに限った方がいいですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる