ここから本文です

娘の恐ろしい一面を見ました。 (https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/quest...

アバター

ID非公開さん

2018/4/113:52:24

娘の恐ろしい一面を見ました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101882552...
の質問の続きです。

BA様へのコメントで告白したように、実は私は母親の立場ではなく、娘の立場です。
私は現在38歳、私が中学生の時に実際に、倒れた祖母を放置しました。

そして、その事を母親に‘笑顔で’報告しました。
ぞっとした表情を向けた母親は、今でも覚えています。

父も母も、決して私に祖母の悪口は言いませんでしたが、両親が死んでほしいと思う程に、祖母を嫌っているのに、それに気付かずに無邪気に懐くわけがありません。
両親の合言葉、当然、知っていましたよ。
ですが、両親は私が祖母に懐いていると信じて疑わず、‘潤滑剤’と呼んでいました。
祖母と旅行も行きましたし、買い物も行きました。
両親は、「おばあちゃんに連れて行ってもらって良かったね~」と言っていましたが、私にとっては地獄でした。

祖母は母に対して、言葉の暴力が凄まじく、挨拶代わりに「豚嫁」と呼んでいましたし、気に入らなければ、ヒステリックに叫び出し、母の髪を掴んで引きずり回す事もありました。
父は祖母に溺愛されていましたが、私が大人になってから、実は性的虐待を受けていた事を告白しました。
局所を舐めまわされた事もあると言います。
また、平気で不倫をする祖母に、祖父は何一つ言えなかったそうです。
父は性的に妙に潔癖ですが、祖母の影響でしょう。

私が祖母を放置した後、家族会議になりましたが、父は「もう少しだけ待ってくれ。そうすれば、何もしなくてもいなくなってくれるから」としか言わず、別居には至りませんでした。
父も祖母の支配下から、逃れられなかったのでしょうね。
今にして思えば、父が一番可哀相です。
あの人を‘母’と呼ばねばならなかったのですから。

伯母と叔母は、父にすべてを投げ出し、何もしませんでした。
私も大嫌いな親戚です。

母は私に留学を勧めました。
前から私が興味があると言っていたからなのですが、留学に興味があったわけではなく、単に祖母と暮らすのが嫌だっただけです。
そんな事もわからなかったのかと、失望しました。

ただ、祖母とは離れたくとも、それでもその年齢で両親とは離れがたく、留学はしませんでした。
ですが、大学進学時には、流石に家を出ました。

祖母は私が30過ぎた頃に、ようやくなくなりました。
長かったです。

私は今でもカウンセリングと投薬治療を受けています。
自分で自分の感情がコントロールできないのです。
中学生までは何があろうと常に笑顔で過ごせたのですが、それを過ぎてから、泣いたり怒ったりという感情を、全く抑えられなくなりました。
ようするに、極度のヒステリーです。

結婚に対しては、負の感情しか抱きませんでしたし、極度のヒステリーで治療が必要な私を受け入れてくれる男など、そう現れませんでした。

ところが、伊達食う虫も好き好きというか、世の中には変わった男もいて、つい最近、結婚しました。
今では、以前に比べ、心穏やかに過ごしています。
夫はよく私を理解してくれています。
突然、人前で喚きだしても、冷静に対応してくれます。

義父母も、こんなに優しい舅姑が存在するのかと思う程、私を大事にしてくれます。
「孫は産みません」と宣言したにも、かかわらず。

私は子供だけは育てる気持ちになれないのです。
恐ろしくて、どうしても出来ません。
夫は「君さえいてくれれば、それでいい」というので、その言葉に甘えています。
実際、もう30代後半ですので、今からでは不可能ではないかもしれませんが、難しいでしょう。

何故、今になってあの時の事を、しかも母の立場で質問してみたくなったのかは、自分でもよくわかりません。
一度、母の立場に立ってみたいと思ったのかもしれません。
あの時の母の心を、内側から覗いてみたいと思ったのかもしれません。

結婚して幸せになった今だからこそ、やたらに当時の事を思い出すのかもしれません。

親身になって回答してくださった皆様、ごめんなさい。
そして、ありがとうございました。

補足前の質問の回答者様には、本当に申し訳なく思っています。
あまりにも多くの人々が、あまりにも親身に回答してくれたので、嘘をつき通す事が苦しくなり、真実を告白させていただきました。
最初は、嘘は嘘のままつき通すつもりだったのです。
本当に申し訳ありませんでした。

閲覧数:
110,715
回答数:
25
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uni********さん

2018/4/517:55:29

前回の質問で、
娘は両親と祖母の関係に気づかないはずはなく、
たとえ自分にはよくしてくれる祖母でも母親を傷つける生き物は敵でしかなく。
死んでかまわないし、攻撃対象になるだろ~と思いました。
補足で「実は私だ」みたいなことを言いだしたので、ふふっと笑い、釣りかお遊びだったのかな?と思ったところでしたが…事実はもっと悲惨だったんですね。
長い時間、苦しんでこられましたね。


主さまが気にしているのは「お母様のぞっとした表情」でしょうか。
両親が歯を食いしばって守ろうとした「しあわせな娘」になりきれてあげられなかった、両親が子育てに「失敗した」と思ったのではないかと思い込み、そこから歯車が狂ってしまったように感じました。
「笑顔」は、これですべてが終わる、という安堵、母に「安心」して幸せになってほしい子供心として当然です。それに腐ってもおばあちゃん、死の淵にいるのを見捨てておいて「平静」でいられるわけはありません。中学生だしうまく表情をつくれず、相手に移って一番嬉しいのが笑顔ですからね。それを選んだんでしょう。平静を装いきれなかったところが、「まとも」である証拠だと思いますよ。


>伯母と叔母は、父にすべてを投げ出し、何もしませんでした。
>私も大嫌いな親戚です。

祖母の人格を考えれば、姉妹が幼少からどう扱われていたか、想像しちゃうんですが…実際どうなのでしょう?
性的なことはされなかったにしろ、お父様ばかり愛され、ないがしろにされてきたのではないかと思うのですが。
また、お父様がどう「愛されて」いたのか、実態も知らなかったのでは?
もしそうなら、ずっと母の愛を独り占めにしてきた「長男」にすべて押し付けたくなる気持ちは、仕方ないかもしれません。


>母は私に留学を勧めました。~
>そんな事もわからなかったのかと、失望しました。

わかっていたと思いますよ。目の前でお母様にあたっていたんですよね?そんな環境で子供が正常に育てるわけもなく…ただ手放せるものでもなし。子供には優しくしていたから、少しでも救いを求めて自分がいない、祖母と二人の環境にさせたんでしょうね。結果、悪手でしかなかったようですが。お母様もひどく心を病まれていたでしょうから正常な判断ができなかったのでは。あるいは、正解を見つけ出すのは至難だったんでしょう。主さんが大きくなるまでにお祖父さまも含め、それぞれなりに手は尽くしたはずですから。
自分から 留学したい、と言われたとき、お母様も救われたような心持ちだったのかもしれません。


>祖母は私が30過ぎた頃に、ようやくなくなりました。
>長かったです。
長かったですね。主さんが空っぽになるには十分すぎる時間だと思います。


>何故、今になってあの時の事を、しかも母の立場で質問してみたくなったのかは、自分でもよくわかりません。
>一度、母の立場に立ってみたいと思ったのかもしれません。
>あの時の母の心を、内側から覗いてみたいと思ったのかもしれません。
>結婚して幸せになった今だからこそ、やたらに当時の事を思い出すのかもしれません。

まだギリギリ、母親になれる時期だからでしょうね。
悩んでらっしゃるのは、本当に幸せにしてくれる方と出会えたことと、さらにそのご両親まで素敵な方だったことで、ご結婚によってはじめて「幸せな家庭」にくるまれてる心持ちになれたからでしょうか。
先に進みたいからじゃないんでしょうか?

主さんは、いまもまだあのときのあの場所で時間が止まってるんでしょうね。
祖母が亡くなってしばらく経って、みんな落ち着いてるところかと思いますので…できるうちに、ご両親と答え合わせをされた方が良いかと思います。
ここに書かれたこと、全部伝えて、お母様に本心を聞かないと…。
ほんとうに祖母のような人間は、交わる人間の人生すべて引っ掻き回して一人だけ幸せ感じていきやがりますね。
お父様のことも、手紙ででもおば様方とお話した方がいいように思います。

どうぞ、心置きなくお幸せになられますように・゚゚・*:.。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/4/522:58:00

    前回の質問では、立場を偽ってしまい、本当にすみませんでした。
    両親は完全に、子育てには失敗したと思っています。
    私本人の前ですら、そう口にします。
    おば達の事は、嫌ってはいましたが、まともに考えた事はありませんでした。
    よく考えたら、そうですよね。
    私が大学進学寺に、叔母は「女の子が学歴つけたって無駄なのに」と言いました。
    ムッとしましたが、父は「叔母さんは‘妹が兄より学歴が上なんてお兄ちゃんが可哀想’と、おばあちゃんに言われて、進学させてもらえなかったんだ。可哀想な人なんだ」と言って、私を宥めました。
    叔母もそうですが、伯母だって不当な扱いを受けたのは、容易に想像できます。
    学歴ひとつ取っても、大学まで行ったのは父だけです。
    祖母の父への溺愛が、どんなものだったかもわかっていない可能性がありますね。
    今の今まで、気付きませんでした。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/4/7 16:52:40

ありがとうございました。
また、前回の質問は本当に申し訳ありませんでした。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/24件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

afa********さん

2018/4/623:08:51

本当に良かったです!安心しました。
これからもお婿さんと幸せの日々を。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

2018/4/617:23:38

虐めがある家庭内で育つとメンタル病むよね。

なんと言ったらいいか分からないけど
お大事にね。
自分を粗末に扱わず、自分を大事にしてください。

千疋屋総本店のケーキ食べたり
コスメデコルテの化粧水を使ったり
自分にご褒美をあげながら
過去の自分を可愛がるように
自分に優しく生きてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dut********さん

2018/4/616:25:00

エイプリルフールの冗談ではなかったようなので真面目にコメントします。

あなたは現在も心理的葛藤の真っ只中にいるようです。

その根本は

「なぜ両親は私を守ってくれなかったのか」
「自分は愛されていなかったのではないか」

という苦痛によるものでしょう。


あなたは祖母からの直接の危害はありませんでしたが

・親が祖母からみじめに扱われるのを目の当たりにする苦しみ
・その祖母にまとわりつかれる苦しみ
・親が自分を祖母への生贄のように扱う苦しみ

を感じていたのでしょう。

その中で親に抱いていた「なぜ両親はその苦しみから私を守ってくれなかったのか」という疑問によって、あなたの心の中にあった親への信頼を否定することに繋がってしまったのです。


・祖母が倒れたことを教えず笑顔で「死んでほしかったから」と答えた

あなたは母親がショックを受けた様子を見たことが逆に信じられなかったでしょうね。
なぜなら「祖母が亡くなる」というのは自分のみならず、両親の悲願でもあったと信じていたからです。
そして自分が苦しみから解放されることを喜んでくれると思っていたのではないでしょうか。


虐待を受けて育った人は子供を欲しがらない場合があります。

それは虐待によって自分自身を肯定できないため、自分の分身である子供を愛して肯定するということが想像できないからだと言われています。
あなたの話を聞く限り、子供を作りたくないと考えることはむしろ自然なことでしょう。


両親や伯母・叔母、孫のあなたも全員被害者です。
しかし、客観的に見て祖母も可愛そうな人です。
子供や孫から疎まれ、嫌われ、死を望まれ。
発達障害や精神疾患が原因であったならまだしも、環境によってそのような精神構造になってしまったのだとしたら、祖母もまた不幸な家庭環境の被害者と言えなくもないでしょう。


今回、立場を偽って質問したことをお見受けして、
おそらく今に至るまで「自分が両親から愛されていたのかどうか」を確かめたいのだと思います。
結婚して幸せになった今だからこそ、心の余裕が出来てそういったことを深く遡って考えるようになったのでしょう。

ひとつだけ言えるのは、それを確かめようとすることに意味は無いということです。
仮に愛されていたという確信が持てても、「じゃあなぜ助けてくれなかったのか」「その程度の愛情だったんだ」となりますし
逆に愛されていなかったという確信が持てても「やっぱり愛されていなかったんだ…でもそれは本当だろうか」となり
結局堂々巡りするしかないのです。

いくら掘り返したところで、あなたの望むものは出てこないんです。
だから割り切らなくても、祖母や親を許さなくても、理解しなくてもいいんですよ。
「そういう過去があった」という事実があるだけ。
今更それらに理由付けしようとしたところで無理だし意味がありません。

これからは自分を大切にしてくれる人と自分のために生きる。
そういう考え方はいかがでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

2018/4/613:44:08

前回の質問から続きが気になってとんできました。
私も主さんほど悲惨ではないですが機能不全家族育ちです。
まともな結婚生活にありつけると、本当にあの家族はなんだったのかと思いますよね。
主さんがそうしてお母さんの立場に立ってお母さんや過去の自分を見つめる作業をするのは、機能不全家庭に育った人の回復の作業だと思います。
機能不全家庭に育った人が集まるミーティングが各地で開かれているのですが、そこでは主さまのような体験談がわんさか溢れています。
過去を声に出したり文章にすることで、心の傷が癒えて生きます。
主さまのように外からは見えないところで家族一人一人が傷ついている家庭もあれば、外から目に見えてわかる虐待が行われている家庭もあり、一般的には外から目に見えてわかる虐待がないと、フォローしたり繕ってもらうことができませんよね。
私は鬱病がひどかった時は、「親に早く死んで欲しい」という気持ちでいっぱいで、その気持ちを抑えようとすることが余計精神に異常をきたしていました。
別に死んでほしいと思ったところで犯罪にはなりません。
良い感情も負の感情も、押さえつけたら病気になっちゃいます。
命の尊さがうんたらという人がいますが、自分を産んだ家族が人格の歪んだでいて逃げたいのに逃げられなくてとても通常の精神ではいられなくなる...こういった機能不全家庭に育ってない方には、この苦悩は理解できません。
主さんを受け止めてくれる人に出会えたのですから、泣きたい時は泣く、嫌なことは嫌だと言って、子供の苦しかった自分を癒してあげてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

a_a********さん

2018/4/611:50:29

その祖母にはみんなが振り回され、つらい思いをしてきたんですね。あなたはその祖母を押し付けられてきたように見えました。そういう精神状態になったとしてもおかしくないと思いますよ。

全然家庭環境は違うけれど、自分の子どもを育てる気にならない、というのは分かる気がします。私も結婚に夢は持てなかったし、それでも私のような気性の女と結婚して一緒に住もうという人が現れてくれました。でも自分の子どもを産んで育てたら、私のような気性、人生を歩むに違いないと思ったら恐ろしかったですよ。私はあなたよりももう少し年上で、もう自分の子どもを持つことは本当に難しくなりました。子宮が叫ぶって聞いたことありますか?本当に産めない年齢になると、産みたいって子宮が叫ぶらしいです。私もこれまで産みたいなんて思ったこともなかったのに、そんな気持ちが来ましたよ。それも今の夫に会えたからだと思いますけどね。

今はやっぱり、産まなくてよかったんだ、と思っていますけどね。あなたはこれからどう気持ちが変わっていくのでしょうかね。私の妹は38のときに、多分産まないと思うと言っていましたが1年後に妊娠していました。

私には子どもがいないけれど、今の夫に会えたことが奇跡です。あなたもそうなのでしょうね。子どもがいなくても素晴らしい家族がいる事は変わりありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる