義経 頼朝 頼政

日本史6,279閲覧

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(7件)

0

頼朝の弟が義経。 頼政は、頼朝たちの「河内源氏」と別の「摂津源氏」の一族(頼朝の父の父の父のの父の父の父=源頼信の兄=源頼光の子孫)

2

義経と 頼朝は異母兄弟 頼朝の母は家柄のいい正室なので、頼朝は嫡男としてしっかりと教育を受け、朝廷でのお勤めの経験もあり。 頼政 は他人と言ってもいいくらいの遠い血筋。 同じ清和源氏なのでご先祖様は同じだけれど、かなり前に枝分かれした系統です。

2人がナイス!しています

1

日本史・世界史の元予備校講師です。 頼朝と義経は腹違い(母親違い)の兄弟。 義経は父である源義朝の一番下(九番目)の弟になります。 故に、九郎と呼ばれました。 源頼朝は三男。 ただし、母親は正妻なので嫡男であり、父の正統な後継者でした。 源頼政は摂津源氏と呼ばれる清和源氏の分派。 要するに源頼朝や義経から見ると、遠い遠い親族ということになります。 ご先祖が源頼光(よりみつ)という人で、父親の源満仲(みつなか)は頼朝・義経の祖で一緒です。 清和源氏は土着した土地でいくつもの家をつくっていて、もっとも有名なのは甲斐源氏という山梨にいた源氏です。 これも頼朝や義経から見ると、遠い遠い親族になります。 この甲斐源氏の血をひいているのが戦国時代の武田信玄です。 甲斐武田氏が名門大名とよばれる理由は源氏の血筋にあったということです。

1人がナイス!しています

0

源義経の異母兄が源頼朝です 源頼政は二人の先祖頼信の兄頼光の玄孫です(どうせ後で長文書く人が現れてあなたはその方にBAあげますね)