ここから本文です

日本語のことで質問です。以下のような言葉(名詞)は、どういう文法なのですか? ...

aka********さん

2018/4/714:53:12

日本語のことで質問です。以下のような言葉(名詞)は、どういう文法なのですか?
連用形で止めると名詞になるということですか?

おはじき
おつまみ
おひらき
おうかがい
おてあらい
おさらい
おとまり
おたけび
おなくなり
おゆだき
おもらし
おひたし
おまわり

はさみ、したじき、あそび、かんけり、はなみ、みたらし、等も「お」が付かないけれど、文法上は同じなのでしょうか?

閲覧数:
47
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nic********さん

2018/4/719:29:54

動詞の連用形は、そのまま名詞になるものがあります(転成名詞)。
読み、書き、走り、泳ぎ、遊び、~見などです。
例に挙げられたのは、それに接頭語の「お」がついたものです。
「御手洗(みたらし)」は、動詞がそのまま名詞になったものではないと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

oji********さん

2018/4/720:03:03

>連用形で止めると名詞になるということですか?

おっしゃるとおりです。動詞の連用形は名詞として機能します。これを動詞からの《転成名詞》と言います。なお、お示しの名詞は、ほとんどが「お(接頭語)+転成名詞」の形になっていますが、一部は、普通の名詞や「お+一般名詞+転成名詞」の複合名詞が含まれています。なお「お(接頭語)+名詞」を派生語(派生名詞)と呼びます。

・おはじき(派生名詞)=お(接頭語)+はじき(動詞「弾く」からの転成名詞)
・おてあらい(複合名詞)=お(接頭語)+手(一般名詞)+あらい(動詞「洗う」からの転成名詞)
・おたけび(一般名詞)=これは「雄叫び」という一つの名詞です。派生語ではありません。
・おゆだき(複合名詞)=お(接頭語)+湯(一般名詞)+だき(動詞「炊く」からの転成名詞)

>はさみ、したじき、あそび、かんけり、はなみ、みたらし、等も「お」が付かないけれど、文法上は同じなのでしょうか?

「はさみ」「あそび」は、転成名詞です。
・はさみ=動詞「挟む」からの転成名詞
・あそび=動詞「遊ぶ」からの転成名詞

「したき」「かんけり」「はなみ」は、「一般名詞+転成名詞」の複合名詞です。
・したじき=下(一般名詞)+じき(動詞「敷く」からの転成名詞)
・かんけり=かん(一般名詞)+けり(動詞「蹴る」からの転成名詞)
・はなみ=花(一般名詞)+見(動詞「見る」からの転成名詞)

なお、「みたらし」は「御(み)+手洗(たらし)」の派生語ですが、「手洗(たらし)」が動詞からの転成名詞かどうかは分かりません。

「御手洗(みたらし)」<学研全訳古語辞典より>
神を拝む前に手を洗い、口をすすいで、身を清めること。また、その水や、その水のある所。◆「み」は接頭語。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる