ここから本文です

パソコンについてです。 HDDがいくつかついてるPCがありますが、それは全て...

yd2********さん

2018/4/723:23:57

パソコンについてです。
HDDがいくつかついてるPCがありますが、それは全て同時に動いているものなんですか?
そして数があるメリットはなんですか?
回答よろしくお願いします。

閲覧数:
87
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

onj********さん

2018/4/800:31:48

ちょっと前のBTOパソコンで、2台のHDDが内蔵されていたものがあります。
ミクロな意味では同時ではありませんが、人間から見れば同時に動作しています。
そうする意味は、やはりミクロな意味で説明する必要があります。
ハードディスクに書き込みを行うとき、CPUのクロックからすれば膨大ともいえる時間がかかります。ハードディスクの構造上、ヘッドを物理的に動かし、プラッタ(円盤)を物理的に回転させて情報を記憶するので、その物理的な動作にはマイクロ秒の時間がかかり、それが完了するまで書き込み動作は「待ち」になり、そのためCPUは暇にしています。が、それは無駄な時間ですので、もしもう一台のHDDがあり、別の情報を書く必要があるのなら、1台目の書き込みが終了待ちになった時点で2台目の書き込みを始めれば、同じバイト数なら待ち時間は短くなります。そうやって高速書き込みを実現しているのがソフトウェアRAID0です。
ハードウェアRAID0は、CPUからRAID制御ボードに書き込み命令を送ると、ボード上のハードディスク制御用CPUが処理を引き継ぎ、CPUはすぐ次の動作に移ります。ハードディスク制御用CPUが2台のハードディスクに書き込みを指示するため、CPUは書き込み完了の信号がくるまで他の仕事ができるので、さらにCPUは高速に動くことができます。
RAIDには0,1,2,3,4,5,6,10,50などの規格があり、(実際に使われるのはRAID0,1,5,6,10,50か)RAID5は3台以上のハードディスクで書き込みを分散し、RAID6では4台で分散、RAID10でも4台で分散、50だと6台以上で分散しています。ハードウェア制御CPUが分散の制御をしていますので、CPUはそれだけハードディスクにかまう必要がなくなり早くなります。

冒頭に「ちょっと前の」と書きました。今はSSDという高速補助記憶装置があり、下手な細工をするよりスピード的にはSSDの方が早いので、ユーザーレベルのパソコンでは、ハードディスクを大量に積んで高速化する必要がなくなっています。ただ、SSDはバイト単位の単価がHDDより高い、書き込み頻度が高すぎると壊れやすくなる、という欠点があり、サーバーのようなデータ保存に特化したコンピューターでは、データ保存用の補助記憶装置としてHDDを使っていて、それへの書き込みの高速化のためにRAIDを利用しています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

m48********さん

2018/4/802:39:41

質問者の目的は何?

それに合わせて回答します。

tar********さん

2018/4/802:24:48

当然同時に動かせます
それぞれのHDDを認識出来、管理出来ます。
ただ、RAIDでも組んできゃパーティションは別になるんで
WindowsであればDドライブ以降になります

何を何処に保存しようが、自分が管理できてればいいだけなので
任意のフォルダ作って、そこにソフトのインストール先に指定することも出来ますし
うまく使い分ければ負荷分散もできます

実際私のメインマシンは
M.2 NVMeSSD1台、SATASSD3台、SATAHDD2台構成ですし

市販だと最近はSSDとHDDの2ドライブが増えてますけどね

バックアップはバックアップでまた別で考慮する必要がありますが
外付けHDD等に物理的に複製しておけば
万が一故障しても生かせますよね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

shi********さん

2018/4/723:36:12

同時に動きますよ。
主なメリットはOSとその他プログラムを別のHDDに
分けて格納し制御することでレスポンスが格段に上がること。
そしてHDDが増えれば単純に記憶容量が増える。
これはノートPCなどの大容量ディスク内を仮想的にC:とD:に分け、
メモリ内(仮想含む)で制御するのを、物理的にやっているわけです。

yut********さん

2018/4/723:36:11

>>全て同時に動いているか
基本的には必要なときだけ、アクセスされたときだけ動いています。
たとえばDドライブのデータにアクセスすると、Dドライブに該当するHDDが動きます。

>>数あるメリット
大きいところだと、1台が壊れても他のやつは生きている、といったところでしょうか
容量の大きな1つのHDDにしてたら、壊れたらデータがまるまる飛んじゃいます。

自分の場合は、古いパソコンからの抜き取りや、安い中古品を漁ってきては取り付けてるので、結果的に増えてしまってる感じですw

プロフィール画像

カテゴリマスター

set********さん

2018/4/723:32:54

同時には動いていない様です。長時間、アクセスが無い時は動作が停まっている様に思います。ですから暫くアクセスしなかった後、アクセスするとレスポンスに時間がかかります。でもPC側に常に全ドライブを認識、何時でもアクセスできる様にしています。

複数、設置しているのは危険分散です。重要なファイル(入手や修復が難しいデータ)は複数のHDDに入れています。本来、Raidを組めば自動的に複数のドライブにデータを複写してくれますが容量が半分になってしまいますので今は手動でやっています。

比較的、小さなデータならDVD-Rなどに書き出せますが
・容量が大きいデータ
・更新が比較的、頻繁なデータ
はHDDでバックアップしたりしています。

4TBのドライブ1本より2TBのドライブ2本に適当に分散させた方が壊れる危険性は確実に減ります。とは言え、先日、2TBのHDDが1台、お亡くなりになりました(泣)。多くのデータは割り切って諦めました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる