ここから本文です

投資信託(毎月分配型)について、自分の考えが合っているか教えてください。 先...

off********さん

2018/4/1004:54:54

投資信託(毎月分配型)について、自分の考えが合っているか教えてください。
先日手数込で103万2000円(実質投資額は100万円)で、毎月分配型投資信託を始めました。

先月末に初めて分配金をもらいました。15000円くらいでした。
自分の考えは、この分配金を貯め続ければいつかは100万に達する。それまでには分配金も減るだろうし、元金(初期投資額100万円)も減っていくが、口数が変わらない限り分配金は出続けるから。
分配金及び元金がゼロになることはないので、いつか(5年~10年後)は元がとれる。
その100万をまた投資してもいいし、貯金してわずかな分配金を小遣いにする。
こんな安易な考えは間違ってますか?
ちなみに投資先はLM・オーストラリア毎月分配型ファンドです。NISA口座での投資です。
自分で決めて投資したくせに不安になり質問させてもらいました。
是非ご回答お願い致します。

補足皆様、ご回答ありがとうございます。
一言で言うと、「間違いなく損をする」ということでしょうか?
今更どうすることもできないと思っています・・・。
いい方法があれば教えてください・・・。

閲覧数:
690
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ter********さん

2018/4/1009:11:57

貴方の考えは、ウサギと亀の競争で、亀が先に出発すれば、必ず亀が勝つの理論のアルゴリズムです。

実際の結果はウサギが勝ちます。

そして、貴方が損をします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「投資信託」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sik********さん

2018/4/1308:48:07

トランプの通商政策のおかげで
これからは投信は下がるのみって予測して居りますが(金利も上がるので投信やリートは値下がりする)
その中でも
毎月分配型は悲惨な状況になると考えます。

そもそも
買い付け手数料が3.2パーセントなんて一番高い手数料であり、こんな物に手を出す人はいないのでは?

普通に
ノーロード(買い付け手数料なし)の銘柄でこれから伸びそうな分野に投資するのが凍死家にならない基準かも知れません。

金融庁より
「毎月分配型は投資家に不利なので販売自粛しなさい」との通達も出て居り、なんでそんなものを買ったのか?

凍死家に立候補した理由を知りたいです。

miu********さん

2018/4/1010:52:31

明らかに間違ってます。リーマンショック直後のような 暴落したときに買われた幸運な方は、累計でもらった分配金だけで 買値を上回った方も例もあるそうです。

ですが その場合でも、同じ運用成績なら 必ず下記のようになります。

分配しない投資信託の最終売却額 > 分配する投資信託の最終売却額+分配金の全累計

大概は 下記のようになります。

最初の投資金額 > 分配する投資信託の最終売却額+分配金の全累計

タコ足分配で 基準価額が下がりすぎると、苦し紛れに分配金の大幅な減額をやります(資産が流出するので、ギリギリまでやりません)。それでも ダメだと、繰上償還です。購入者は 大損したまま返金されます。また 毎月分配で資産額がドンドン減るので、例えば同じ5%上がっても 絶対額は半分しか上がりません。

販売手数料や信託報酬も それぞれ3-4%、1.5-2.0%と非常にバカ高く、それも運用成績の足を引っ張ります。販売手数料ゼロ 0.2%以下の低信託報酬の 投信は沢山あります。

金融庁も「経済的合理性がない」、売るなと指導してます。なので 最近はかなり販売額も減ってます。ちょっとした 金融常識があれば、損だとわかりそうなものなのですが、だまされる人が 今だに後を絶ちません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

2018/4/1009:27:35

LM・オーストラリア毎月分配型ファンドには、LM・オーストラリア・高配当株式ファンド(毎月分配型)とLM・オーストラリア毎月分配型ファンド(債券型)がありますが、どちらですか?

まあ、どちらでもいいんですが、毎月分配型投資信託はカモ投資家専用の商品ですから、マトモナ投資家は鼻もひっかけません。

offさんもナンセンスな計算をしてる暇があったら、真っ当な投資信託を探したらいかがですか?

●LM・オーストラリア・高配当株式ファンド(毎月分配型)は高コストで、運用状況も極めて悲惨な状況です。トータルリターンを見てください。

http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2011092902

●LM・オーストラリア・毎月分配型ファンド(債券)の評価は下記サイトを読んで下さい。

http://investmenttrust.biz/lm-australia-maitsukibunnpaigatafund.htm...

★下記サイトで運用成績が良いファンドを検索されたら如何ですか?
期間=5年、10年を指定して、安定した成績のファンドが宜しいですよ。
http://www.morningstar.co.jp/FundData/FundRankingReturn.do

kin********さん

2018/4/1006:57:08

其が 貴方の運用方法。

自由。


私の場合、

数十万円 投資して 下落して 放置。

忘れて…

気が付いたら
評価額 倍程度。

基準価格は 低迷中。

個人的 判断。

此れから 評価額 数倍。
三桁…???♪♪♪♪♪

税金対策

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

aka********さん

2018/4/1005:28:02

毎月分配型投信は、メリットばかりではなく、デメリットがあります。
最大のデメリットは、総分配金額が元本を割り込んでしまう可能性があります。
※ここが貯預金と違うところです。

毎月分配型投信のメリットは、
毎月分配金が受け取れることです。

毎月分配型投信のデメリットは、
元本保証はないこと(価格変動リスク)、
為替リスクがあること、
分配金が運用収益を反映したものではないこと、などがあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる