ここから本文です

大学受験の時に解いた現代文の問題で、ずっと探している小説があります。 私立高...

アバター

ID非公開さん

2018/4/1719:00:04

大学受験の時に解いた現代文の問題で、ずっと探している小説があります。
私立高校生で、先生が過去問や問題集のコピーをたくさん配ってくださっていました。
大学進学後にプリントは大方処分

してしまったのですが、年を追うごとにまた読みたい、全文読んでみたいという気持ちになりました。

物語は大変暗い上にうろ覚えです。
小学生くらいの男の子が主人公です。
家の庭に池?があって、父が鯉か鮭などを飼っていました。
主人公は夏休み?何かのタイミングで泳ぐことを許され、その池で泳いでいました。しかし、気がつくと赤ん坊が浮いていて、自分の母親に知らせにいきます。
後にその赤ん坊は近所のお子さんで、自分で抜け出して池まで行ってしまったのかもしれないと分かりました。
主人公のお父さんは責任を感じ、池を埋め?飼っていた魚をトラックに乗せてどこかに運んでいます。
問題文の最後で主人公は魚か池かがなくなってしまったことに寂しさを覚えていた記憶があります。

どなたかこのような小説の作者、作品名をご存知ありませんでしょうか。

閲覧数:
114
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

b_krahenさん

2018/4/1721:49:02

吉村昭『少年の夏』かと。

『メロンと鳩』の他、
アンソロジー『教科書に載った小説』所収。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる