ここから本文です

会社の設立にあたり、経営理念、方針、ビジョンの文言をを考えております。 その...

hoo********さん

2018/4/1623:44:41

会社の設立にあたり、経営理念、方針、ビジョンの文言をを考えております。
その中でビジョンですが、例えば「店舗数を100店舗にする」という生涯目標にするのか、「また来て貰えるような店

にする」という近い未来に達成されるものか、どちらが好ましいでしょうか?

閲覧数:
65
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cha********さん

2018/4/1803:16:31

ビジョンなら具体的数値目標が入るのは間違いでしょうね。
だから答えは後者が好ましい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

afi********さん

2018/4/1720:40:01

自分の希望次第やぞ!自分がマクドナルドよりもでけぇもん作りたいなら100店舗じゃ足りんやろし、地域一番のお店でマシンガントーク繰り広げたいんなら、地元のおっちゃんを味方につけるべし!やろしなぁ。!つまりは、お主次第やぞお!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

asu********さん

2018/4/1717:57:37

まず経営理念の前に、「競争的ポジショニング」= Competitive Positioning と呼ばれるステップからですね!

「どの顧客層の、どういったニーズを満たして行くベキか?」

企業戦略~事業戦略~機能別戦略

次の段階で、目標、ミッション・ステートメント、戦略意図

◎目標→どのように目的を達成するのか?

●短期

●どんなニーズを満たすか

●必要となる業績を数値または記述で表わし、見解を固める


◎ミッション・ステートメント(戦略の要旨)

●中期 / 通常の展望

●競争的ポジショニング・競争優位・価値&信念


◎大きなスローガン

●長期

●拡大目標

●野望

●長期的な視点でそこにたどり着くにはどうすればいいか、組織で考える。


そしてアカデミックで教科書的な「戦略プロセス」の危険性について

■既存の戦略を無視

■単なるチェックリストとして使われがち

■創造性を生み出せない

■最も重要な課題や目標に集中させない


常にあるのは「ゼロベース思考」

過去の経験や先入観にとらわれている限り、冷静な判断と行動はできませんね!


まずはイントロダクションからですね!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bed********さん

2018/4/1716:49:10

どちらもいらん。まずは稼ぎなはれ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bla********さん

2018/4/1715:58:05

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる