ここから本文です

解剖生理学のところで人体の方向出ててくる遠近がよく分かりません。 体幹から遠...

say********さん

2018/4/1800:18:41

解剖生理学のところで人体の方向出ててくる遠近がよく分かりません。
体幹から遠いのが遠位近いのが近位とありますがあまりイメージできません。
どういうことでしょうか?

閲覧数:
45
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2018/4/1822:39:40

手足が身体から生えて(伸びて)いますね。
言い替えれば肩、腰には手足の付け根があります。

そこから遠くなるか、そこに近くなるかが遠位、近位です。
近位、遠位は矢印のように方向を示す言葉です。
手でも足でも指先側が遠位、肩や腰の付け根に近づくほうが近位です。
例えば肘から見て指先側は手の付け根よりも遠くなるから遠位、
肘から肩側は付け根に近くなるから近位というわけです。
指先側といわずに遠位、肩(腰)側といわずに近位といいます。

これに端をつけると特定の部位を示すことができます。
橈骨や尺骨の遠位端といったら手の付け根よりも遠い側ですから
指先側の端、近位端といったら手の付け根に近い肘側の端です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる