ここから本文です

生命保険(診断)に関して、どこに相談するのが適切か教えて下さい。 現在、...

アバター

ID非公開さん

2018/4/1815:40:38

生命保険(診断)に関して、どこに相談するのが適切か教えて下さい。


現在、私は数種類の保険に加入しております。いずれも、今街でよく見かける様な、無料相談の所で加入しました。

加入した時点では、その時の自身の置かれている状況等からも、それなりに納得して加入したのですが、その中には貯蓄型の生命保険や医療保険も含まれています。


しかし、貯蓄型の生命保険は、現在年払いをしておりますがかなり高額ですし、医療保険も数種類入っていて、それらを払い続ける事で経済的に苦しくなってきているのが現状です。


貯蓄型の生命保険を継続する事にも疑問を感じ出していますし、高額療養費制度等、健康保険が有れば、医療保険はいらないのではとも思います。


ですから、私自身は基本的には生命保険は、定期の掛け捨てのみで良いのではと今は考えております。


但し、当たり前ですが、単なるど素人の考えであり、今の自身の状況に鑑み、保険を見直そうと考えております。


その際、今回は本当の意味で私に必要な保険を選択したいので、無料相談等でなく、有料でも構わないので(無料相談のところが良くないという訳ではありませんが、有料のところの方が確かで間違いないのなら、今回はむしろ有料のところを選択したい気持ちです)、公平で本当にきちんと私の現在、今後のライフプラン等を考えて下さり、いらない保険はいらないと言って下さり、必要な保険だけを正当に教えて頂ける方に相談させて頂きたいと考えております。


その場合、どういったところに相談させて頂くのがよろしいのでしょうか。


是非とも、ご教示頂ければ幸いに存じます。


よろしくお願い致します。

閲覧数:
192
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

辻畑 憲男さんの写真

専門家

2018/4/1817:15:50

ファイナンシャルプラナー(上級資格CFP保持者)に有料でご相談されるといいでしょう。NPO法人日本FP協会でご紹介しております。

アバター

質問した人からのコメント

2018/4/25 12:50:19

参考になる意見を下さった皆様方、有難うございます。
BAは迷いましたが、私の質問にダイレクトに回答して下さった点で、選ばせて頂きました。
有難うございました。

回答した専門家

辻畑 憲男さんの写真

辻畑 憲男

ファイナンシャルプランナー

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。【「All About...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mai********さん

2018/4/2323:10:25

専門で仕事をしています


保険加入の考え方としては
身内が死亡して、誰かが経済的に困るとか、入院や手術をして金銭的に困るのが予想されるのであれば、その分、保険を掛けたら良いだけです。
紛れもない真実です。


ほとんどの人の場合、病気になった上に、さらにお金で困るのがイヤだから、入院保険などを準備しておくわけです。


困らないのであれば、保険を掛ける必要はありません。

xxa********さん

2018/4/2121:31:20

>いらない保険はいらないと言って下さり、必要な保険だけを正当に教えて頂ける方に相談させて頂きたいと

うーん、正直難しいかな。
だって未来はわからないから。病気になるかもしれないし、ならないかもしれないし。若くして事故死するかもしれないし、病気を持ってるのにすっごく長生きするかもしれない。そんな見えない未来を他人に委ねて「必要な保険を正当に教えて欲しい」なんて、責任転嫁甚だしいと思いませんか?

だから、自分の希望する未来予想をしっかりして欲しいです。そして、その予想に責任を持って欲しい。その未来に合った保障を組み立てて貰えば良い。

医療保険不要論は確かにあります。高度療養制度があるので保険はいらないかもしれない。今は。
でも、現在の医療制度は維持出来るんでしょうか。すでに破綻していると言われています。私達が高齢者になる頃は高額療養費制度なんて廃止されてるかも。そうなってから入り直しますか?
医療保険不要論は保険が不要と言ってるだけでリスクヘッジは必要なんです。保険の代わりに貯蓄や投資でリスクヘッジすべきという考え方なんですよ。

終身保険だって、中途解約すれば確実に元本割れ。払い続ければ老後の生活費の足しになる。どっちが良い?

相談に行く前に、どんな未来予想をしているのかしっかり考えるべきです。そうじゃなきゃ誰に聞いても納得出来ないと思いますよ。

pri********さん

2018/4/2001:09:57

無料相談の総合的な保険代理店が悪い訳じゃないですが、国内大手生命保険会社であればセットで1つで加入できる保険を、あえていくつかにバラしてそれぞれ別会社に加入する方法をとる事によって代理店手数料を貰っているのが特徴です。

なので、まとめて見ると案外たくさん入っているようでそうでない可能性もあります。

ただ、保険の支払で日々の暮らしが苦しいのは確かに良くないです。
他の方が言われるように、保険証券を持ってファイナンシャルプランナーにご相談されるといいと思います。

ちなみに、貯蓄性がある保険とは終身保険ですかね?
終身保険は保険料が高いので、保険料を抑えたいならまずはこれを解約されるといいですが、減額が可能なら減額してもいいと思います。

入院などの日額保障は、確かに会社勤めの方なら多くても1万円以上は必要ありません。有給制度もありますし。
これも、終身保障であれば、満了のあるものに切り替えると保険料は下がりますが、病気になりやすい高齢時に保険が無い事になるのでどうでしょう?って思います。
高額治療費制度は支払った全ての金額が戻るわけではないし、全くいらないとは逆に思いません。

他については質問では汲み取れませんが、医療系保険をいくつかも必要無いと思いますので、内容がダブっているようなら必要無い保険は解約するといいと思います。

一つ言える事は、どなたに相談されても最終的に決めるのは主さんです。
いるいらないも、払える払えないも、必要と感じて入って払えている状況なので、よっぽど不必要に偏った内容で無い限りは自分で考えて選択しなければならない事は念頭に入れておくといいと思います。

cal********さん

2018/4/1817:55:33

そんな大袈裟な話ではないです

・貯蓄型の生命保険

要するに定期預金です。
これが苦しいということは貯金ができない、貯金ができないなら老後破綻です。
「苦しいからやめる」では解決になっていません

・医療保険
高額療養費制度は関係ないです。
単に「払う保険料」と「病気になったときに貰う金」を比較すればよいだけ

おそらく病気になっても赤字でしょうから、苦しいなら止めても問題ないです。専門家に聞くまでもない自明のことでしょう

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる