ここから本文です

枕草子 ふと心劣りとかはするものは 現代語訳で質問

ゆずみかんさん

2018/4/2008:51:05

枕草子 ふと心劣りとかはするものは 現代語訳で質問

いやしきことも、わろきことも、さと知りながらことさらに言ひたるは、あしうもあらず。
わがもてつけたるを、つつみなく言ひたるは、あさましきわざなり。
また、さもあるまじき老ひたる人、男などの、(同格か主格か迷いました。)わざとつくろひ、鄙びたるは、にくし。
まさなきこともあやしきことも、大人なるは、まのもなく言ひたるを、若き人は、いみじうかたはらいたきことに消え入りたるこそ、さるべきことなれ。

粗末なことも、よくないことも、そうと知りながら、わざわざ言っているのは悪いことである。
(けしうはあらずのように、これは悪いことだとも訳出できるケースもありますよね。?)
私がとりつくろっていることを、遠慮なく言っているのはおどろきあきれることである。
また、そうであるはずがない老人は、男などでわざわざとりつくろい、田舎じみている人が気に入らない。
みっともなきことも、見苦しいことも、大人はーなく言っていることを、若い人はひどくはずがしがっていることは、そうなってしかるべきことだ。

まのもなく はわかりませんでした。
訳アドバイスお願いします。

閲覧数:
182
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/4/2012:28:13

>粗末なことも、

ここの「いやし」は、「下品」とか「低俗」とかの意味。
言葉遣いの良し悪しのことを言っているからね。


>そうと知りながら、

「そう」の指示内容は明らかにして。
「下品で良くないと自覚しながら」。
俺なら、「ながら」も一応、逆接で訳すけどね。
「自覚しているけれども」。


>わざわざ言っているのは

「わざと」くらいがいい。
準体格の格助詞「の」より、明確に、形式名詞「こと」を補う癖をつけて。


>悪いことである。
(けしうはあらずのように、これは悪いことだとも訳出できるケースもありますよね。?)

ここは違う。
悪しう=悪く
も=も
あらず=あらない、ない
で、「悪くもない、まあ良い」です。


>私がとりつくろっていることを、

ここの「わ」は、「私(清少納言)」ではなくて、
その下品で良くない言葉をしゃべっている人(=「自分」)。
「もてつけたる」は、「習慣になっている、身についてしまっている」。
「が」は、連体修飾格と考えるべきだろう。
「もてつけたる(連体形。「ことば」の省略)」に連なる。
「自分の、身についてしまっている悪い言葉遣いを」。
・・・というのが、一応、一般的な訳だと思うけど、
ここは「未詳」とされています。
よくわかんないんだって、学者さんも。


>また、そうであるはずがない老人は、男などでわざわざとりつくろい、田舎じみている人が気に入らない。

「そう」の指示内容は、ここは、後からもってくるところ。
「田舎じみた言葉遣いをする」を受けている。

「老「い」たる」。
これは、重大なミスだよ。
「老ゆ」が「ヤ上二」だとわかってない、ということだからね。
用言の確実な習得が・・・・・・・・・・・・・・・以下(いつもと)同文。

「老いたる人」と「男など」は、並立関係。

「男などの」の「の」は、主格でとる。
「鄙びたる」の直後に「老いたる人、男など」は挿入できない。
筆者は、「老いたる人、男など」を憎んでいるんではない。
その人たちの、わざとらしい田舎言葉遣い、なまった言葉遣いを憎んでいるの。
罪を憎んで人を憎まず。いいねえ、スカッとしてて。

「また、なまった言葉遣いなどするはずもない老人や、男などが、わざと言葉をなまらせ、田舎臭く話しているのは、憎らしい」。

ウケ狙いみたいなわざとらしい「鄙言葉」はいやらしい、と言ってるの。


>みっともなきことも、見苦しいことも、

平安人になってる^0^
「みっともな「い」ことも」。
でも、「みっともない」というのは、
「見とうもない(見たくもない)」の音変化から出来た言葉で、
視覚イメージの言葉なのね。「見苦しい」も。
終始一貫して「言葉遣い」のことを言っているのだから、
視覚判断の言葉を使うのはおかしい。
「無作法なことも、聞き苦しいことも」にして。


>大人はーなく言っていることを、若い人はひどくはずがしがっていることは、

「大人」は、「年配の女房」と訳すシチュエーションが多いよ。
逆に、「若き人」は、新米の女房。
「大人「なる」」は「断定」なんだから、ちゃんと「断定」入れて訳して。

「まのもなく」は、「未詳」なんです。
「ズケズケと」という副詞かもしれないし、
「いつも、しょっちゅう、頻繁に、つねづね」等の意味の副詞かもしれない、
と言われています。
スルーしていいよ、好きなように訳して。

「かたはらいたし」は、
傍で聞いていて聞き苦しい、傍で見ていて見苦しい、が原義。
現代の若者の使う「イタい」が、ピタッと当てはまる言葉だよ。
見ているこっちが恥ずかしい、傍にいるほうがいたたまれない、というやつね。
君の得意なイラスト描いてごらん、
奇抜なファッションを自分だけイケてると思って得意そうにしている子の周りで、
友達が、「あの子イタい・・・^^;」と引き気味になっているとこ。
それが、「傍ら痛し」。

「無作法な言葉も、聞き苦しい言葉も、年配の女房である人が「まのもなく」言っている言葉を、若い女房はひどくいたたまれないことだと身の置き所もなく思っていることはね」


>そうなってしかるべきことだ。

「そう」の指示内容・・・は、まあ、ここはいいかなあ。
「べき」を「べき」のまま残しては、訳したことにならない。
「当然」でちゃんと訳して。
「そう(=いたたまれなく、身の置き所もなく)感じて当然のことだよ。」


とても上手に訳せてるよ。
この調子です。
今回の課題は、「指示語の指示内容を明らかに」かな。


有名な章段ほど、「諸説」があるものなんです。
いろんな研究者が研究し尽くして、いろんな意見が出そろってるからね。
訳せないところや、わからないところがあっても、「そういうもの」と思っていい。
何も、全文を一言一句正確に現代語に置き換えることができなくても、
古文は理解できるんだよ。
「ここがわからないから先へ進めない」ということはない。
わからない言葉は、わからないままで(調べてわかることは、当然、調べるんだよ!)、
そのままスルーして先へ進んでいいのです。

  • 質問者

    ゆずみかんさん

    2018/4/2012:45:11

    分かりました。用言も気をつけます!
    かたはらいたし は単語帳で何度も見たのに、やっぱりまだまだですね。
    不安なところは単語帳見て、フセンも付けました。
    指示語を明らかにしたいと思ったけれど、この文章は難しくて、きっと「私が考える言葉遣い」みたいな話なのかとは想像がついたけれど、指示語が何をさすか難しかったです。
    ひとつひとつ丁寧な回答をありがとうございます。知恵袋はいろんな古文に詳しい方がいらっしゃり大変助かります。
    今日は河合塾で、古文講座の第1講目です。漢文講は少ないから、古文だけじゃなく漢文も句形ドリル固めて過去問やらねばと思います。私はまだ志望校の国語の赤本だけは見てませんが、マーチだと古漢融合もあるから、早いうちに古典仕上げて、国語を頑張ろうと思います。現文も不安ではありますが。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2018/4/2010:50:18

さとしりながらことさらにいひたるは、「悪しうもあらず」--知った上でいうのは「わるいものではない」。に引き続いて、わが持てつけたるをーー身にしみついているのを、臆面も無くしゃべっているのは「あさましきわざなり」
これは「いやしき言もわろき言も」知っていて使うのは悪くも無いけれど、身に染み付いてしまって遠慮も無くしゃべるのはみっともない、と二つを比較して述べているのです。
まのもなくいひたるーー「真の面なく」平気でとか大真面目で、と言う意味です。おとななるはーー年配の女房は 若き人はーー若い女房は ひどくきまり悪がってはらはらしている。 「まさなき言もーーー」以降のところは、清少納言が身近で体験していることを述べています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる