ここから本文です

前田日明がヨーロッパ遠征中に体得した12種類のスープレックスの名前を全部教え...

sak********さん

2018/4/2122:58:42

前田日明がヨーロッパ遠征中に体得した12種類のスープレックスの名前を全部教えて下さい。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
148
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jib********さん

2018/4/2200:13:00

こんばんは。
○ジャーマン・スープレックス・ホールド→当時は「ジャーマン」とだけ呼ばれていました。
○フルネルソン・スープレックス・ホールド→ドラゴン・スープレックス・ホールドの方で知られています。また、当時は「フルネルソン」とだけ呼ばれていました。
○リバース・アーム・サルト→日本凱旋帰国でのポール・オーンドルフ戦で使用しただけで「スパークリング・スープレックス」と当日呼んでいました。
○ダブルリスト・アームサルト→前田の影響を強く受けた長与千種が頻繁に使用していました(前田はあまり使用していません)。
○ハーフハッチ→12種類の中では一番使用していました。
○ウンターグルフ→フロント・スープレックスの変形版です。
○スロイダー→これもフロント・スープレックスの変形版です。
○サルト→ニールセン戦で出したのが有名です。
以下は、マスコミに一度だけ高田相手に型を披露しただけで使用した事はありません。
○リバース・サルト
○デアポート・スロイダー
○クオーター・ネルソン・サルト
○ダブルアーム・ロック・サルト

因みに、全てヨーロッパ遠征中と言うよりカール・ゴッチが教えた技でした。
また、前田の代名詞「キュプチュード」は12種類のスープレックスとは別に前田が開発したオリジナル技です。

  • jib********さん

    2018/4/2200:25:09

    実戦で使用しなかった4種類の技はプロレス雑誌に掲載されました。技名を追加して画像貼ります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/4/22 07:09:55

大変詳しい回答有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jim********さん

リクエストマッチ

2018/4/2200:17:34

お礼は何!? タダで教えろと言うの@@!? 世の中は金だよ!金!^^”

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる