ここから本文です

通信プロトコルで、アプリケーション層とかインターネット層とか分かれてますが、...

アバター

ID非公開さん

2018/4/2810:52:09

通信プロトコルで、アプリケーション層とかインターネット層とか分かれてますが、なにがちがうんですか?全く別物なんですか?

閲覧数:
14
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2018/4/2814:46:43

コンピューターやプログラムが
「データのやり取りをする」ということを
段階的に(階層的に)表現したものです。

現実に一致するという訳ではなく
「だいたい、こんな感じだよね」というだけの話。
そしてだから
「大枠を合わせておけば話も通じやすいんじゃね?」という話。

以下は俺の解釈だけど
そもそも厳密な決まりという訳でもないので
割とどうでもいい


アプリケーション:プレゼンテーション:
ここらへんは、プログラムからの要求で
プログラムがコンピューターの制御機構と
やり取りするもの
会社で言えば、各課・係の間で書類のやり取りをするけど
係ごとに書類形式が違うし要求も違っている。

セッション:
外部とやり取りするのに流通の整理をしなきゃいけないので
書類上の処理をするような話
各係に荷物を配る

トランスポート:ネットワーク:
ここら辺が具体的な通信プロトコル=運輸業務
荷物の梱包と荷札のつけ方、などのルールに従って
流す荷物、流れてきた荷物の仕分けを行う

データリンク:
電気的/物理的に道路が繋がっていることを意味するだけ
物理層:
物理的に装置(建物)があることを意味するだけ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる