ここから本文です

古典の活用の種類についてです。

syo********さん

2018/4/2814:48:41

古典の活用の種類についてです。

「指して」の「指し」はどうして、サ行変格活用ではないのでしょうか?

見分け方を教えてください。

閲覧数:
287
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ama********さん

2018/4/2815:43:23

サ変は、現代語では する です。何かをするという意味の 何とかす でないとサ変ではありません。合戦す は合戦をするということだからサ変です。指す、話すなどはサ行の四段活用です。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wat********さん

2018/4/2905:53:04

サ変動詞は「す」「おはす」を除けば全て複合動詞です。次のようなパターンがあります。

① 名詞+す…恋す 心す 罪す 心地す ものす など

② 漢語+す…愛す 案ず 謝す 対面す 御覧ず など

③ 用言+す…消えす 高うす ひさしうす など

ですから、一語にまとまっているとは言え、もともとは二語ですから、ふたつに分けたときにそれぞれが言葉として成立するのです。

恋す=恋(こい)+す
謝す=謝(謝罪、感謝、いとまごい)+す
消えす=消ゆ+す

これらに対して「指(さ)す」は「さ」と「す」にわけると語としての意味が成立しません。ですからサ変の複合動詞で無いことは明らかなのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

aom********さん

2018/4/2815:30:15

打消助動詞「ず」を接続させたとき、「指せず」にはならないから。
「せ、し、す、する、すれ、せよ」という活用パターンを、「サ変」と言う。
「指す」の活用表は、
(語幹を「指」として、)「さ、し、す、す、せ、せ」(=サ四)
サ変とは似ても似つかない。

サ変複合動詞は、「漢語+す」が基本。
「指」は漢語じゃない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる