ここから本文です

障害年金について

アバター

ID非公開さん

2018/4/2920:58:52

障害年金について

※ 障害基礎年金を受けるためには、初診日の前日において、次のいずれかの要件を満たしていること(保険料納付要件)が必要です。
(1)初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること
(2)初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

と日本年金機構に記載されていました

保険料が【猶予】されてた場合はどうなりますか。

閲覧数:
131
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

田平篤史さんの画像

専門家

田平篤史さん

2018/4/3023:46:01

(若年者)納付猶予制度も免除と同様に取り扱われます。
なので、この分も含めて初診日の前々月までの(1)全被保険者期間の2/3(が納付または免除)
(2)直近1年未納なしのどちらかを満たせば、保険料納付要件はクリアです。

これはいいとして1点気を付けて頂きたいのですが、
保険料納付要件は”初診日の前日において”確認することになっています。
なので、保険料の納付日や免除申請をした日がいつなのかが問われます。
どういうことかというと、初診日以降に遡って保険料の納付をしたり、
免除申請をしたとしても、その分は未納扱いとなってしまうのです。

いつ納付したとか免除申請をしたとかについては、
年金事務所等でないと分かりませんので、
きちんと調べて貰うようにしましょう。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/4/3023:48:26

    ありがとうございます!注意点まで。
    そういうことも書くのですね。
    相談したいと思います!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/4/30 23:49:04

皆さんありがとうございました!

回答した専門家

田平篤史さんの画像

田平篤史

社会保険労務士

障害年金など各種年金の総合コンサルタントのプロ

◆一番の強み 障害年金専門知識の社会保険労務士としてトータルに支援する強み 手続から受給決定まで手間のかかる障害年金受給までを、トータルに支援する障害年金専門の社会保険労務士事務所。無料相談から開始し、書類作成や医療機関等との折衝などをアドバイス...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

met********さん

2018/4/3011:58:29

学生猶予の案内では、もしもの時に障害年金の対象になる旨あります。故に猶予もOKと判断しますがどうでしょう

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる