ここから本文です

観自在菩薩が悟って舎利弗に言ったのは、「実体」というものが無いということなの...

bai********さん

2018/4/3007:03:42

観自在菩薩が悟って舎利弗に言ったのは、「実体」というものが無いということなのか、それとも、物事(実体)の在る無し、なんてことに拘らないようにしなさいよ、すべては縁起で成立しているのだからね、

ということなのか。

すべては縁起で成り立っているということが、イコール実体がないということだと言い切れるのかどうか。実体というものは、何にも依拠しないものだというのが実体の定義だとすれば、すべてのものは縁起により成り立っているのだというのは、実体あるものは無いということになってしまうが。どうも完全に自分の中ではしっくりとは来ない。
釈迦は梵我一如を否定したのだと言った人もいるけれど、自分としては、天上天下唯我独尊も梵我一如も同じ境地なのではないかという気が、直観的にはするのだが。

みなさんのご意見をお聞かせください。

補足テーマが高度過ぎ、みなさんのご回答も高度過ぎ、残念ながら自身でBAを選ぶ自信がないため、投票ということにさせていただきます。

閲覧数:
185
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuj********さん

2018/4/3011:27:25

あなたは「実体というものは、何にも依拠していない」と定義していますが、実体の定義は、「それ単独で存在し、他に依存しないもの」というものです。

あなたが「すべてが縁起で成り立っていることが、イコール実体がないこと」というものが、「どうも完全には自分の中でしっくりとは来ない」としたら、それはあなたの実体の定義が間違っているからです。

縁起の各項はそれぞれに「依拠している」ものですが、しかし、それは因果で結ばれているだけで、実体はない、ということです。
しっくりするでしょ(笑)?

釈迦はバラモン教の「梵我一如」を否定しましたが、それは「全体は個であり、個は全体である」というのを否定したのです。
つまり、梵とは全体であり、我とは個ですから。
釈迦も実存主義者のキルケゴールのように「全体は個ではない、個は全体ではない」、私は「単独者」である、といったのです。
それが「天上天下唯我独尊」です。

禅宗の臨済義玄禅師も「臨済録」の中で、赤肉壇上に「唯一の真人あり、それを見よ!」と喝破しましたが、その「真人」が釈迦のいう「天上天下唯我独尊」と同じ「単独者」です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dok********さん

2018/5/119:19:29

だから、あなたのようにしっくりこない人のために、創価学会では空=仏の命として、それを大宇宙の生命の根元としてたてたのです。
これはまさに梵我一如と全く同じです。
梵我一如では、神への信仰は説明がつきません。
神と自分は同じであって、おなじでない関係だからです。
つまり梵我一如という極端な状態は正しいと言えないからです。
釈迦は梵我一如も否定したのです。つまり常見の否定ですね。
ゆえに単純に神を信仰すれば、中道に到りますので、つまり神の存在を認めれば、それを信仰とよびますので、あまり釈迦の教えを逸脱しても、悟りは得られないと知るべきです。

za5********さん

2018/4/3009:12:55

審神者でありながら般若心経を暗記してないのですが、実体と言うものは、何にも依拠しないと言うことはありません。宇宙の摂理にのっとってそこにあるのです。すべてが縁起でなりたっていて、勿論実体もそうなのですが、それを観察したものが「ある」と思えばあるのです。ただ、それは縁起に基づいて存在するものを、観察してあると思っただけで、やがては変化していくものと言う意味では存在しないのです。

twe********さん

2018/4/3008:34:26

仏教を勉強した上で質問しなさい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる