ここから本文です

ラベンダーのアロマティコ、センティヴィアはイングリッシュラベンダーですか?

アバター

ID非公開さん

2018/5/411:31:28

ラベンダーのアロマティコ、センティヴィアはイングリッシュラベンダーですか?

イングリッシュラベンダー=アングスティフォリア系は間違いですか。

ある通販店で、アロマティコ、センティヴィアはイングリッシュラベンダーです、そしてイングリッシュラベンダーの中でも暑さに強いラバンディン系です、と記載されていました。

イングリッシュラベンダーはアングスティフォリア 系と思っていたので混乱してます。
初めてのラベンダーが欲しくて調べてます、バカな質問かもしれませんが、教えてください。

補足イングリッシュ系 ⇒ コモンラベンダー(真性ラベンダー)
ラバンディン系 ⇒ コモンラベンダーとスパイクラベンダーの交雑種

イングリッシュラベンダー(イングリッシュ系?)で、かつ、ラバンディン系である、との表記は変じゃないのかな、わからないです。
アロマティコ、センディヴィアは、コモンラベンダーではない、と考えたらよいのでしょうか?
(イングリッシュラベンダーのラバンディン系 と記載する店があり混乱中です)

閲覧数:
172
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

app********さん

2018/5/413:22:11

イングリッシュラベンダー=コモンラベンダー
アングスティフォリア→ラヴァンディン系の1種です。

ラベンダーは大きく分けて
コモンラベンダー(真性ラベンダー)→イングリッシュ系と呼ぶ。耐寒性は強いが高温多湿に弱い。香料として使われてるのはこの系統。草丈は40cm程度。

フレンチラベンダー→ストエカス系とデンタータ系がある。花の形が特徴あり。寒さにはやや弱い。ニュージーランドで品種改良・育種が盛ん。

イタリアンラベンダー→非耐寒性ラベンダー(プテロストエカス系ともいう)。ピナータ(レースラベンダー)が代表種で0度以下になるとアウト。

ラヴァンディン→耐暑性ラベンダーともいう。大株な品種(1m近いものもある)が多い。流通量が多いのはグロッソ。

詳しく知りたければ玉川園芸(日野春ハーブガーデン)のHPをどうぞ。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/5/423:34:40

    回答ありがとうございます。
    玉川園芸HP、苗販売しかヒットせず勉強できていません、すみません。

    「イングリッシュラベンダーで、かつ、ラヴァンディン系である」

    この説明文は成立しているのでしょうか、わかりません。
    教えてもらえると嬉しいです。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/5/5 22:26:21

「イングリッシュラベンダーの中でも、暑さに強いラバンディン系」
お店の記載が間違えている、お陰様でスッキリです。

いい香りのステックが作りたくて、イングリッシュラベンダーに固執しすぎました。ラヴァンディンから始めよう、シッカリ剪定ちょっと怖い、がんばります。
ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる