ここから本文です

ステロイドの副作用教えてください

アバター

ID非公開さん

2018/5/422:09:38

ステロイドの副作用教えてください

閲覧数:
3,915
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

alp********さん

2018/5/516:05:32

>ステロイドの副作用教えてください。

ステロイドとは、副腎から作られる副腎皮質ホルモンの1つで、ステロイドホルモンを薬として使用すると、体の中の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする作用があり、さまざまな疾患の治療に使われています。

★ただし、副作用(↓)も多いため、注意が必要な薬です。

1. 易感染性
体の抵抗力(免疫力)が低下するために、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。

2. 骨粗しょう症(ステロイド骨粗鬆症)
骨がもろくなり(骨密度が減少し)、圧迫骨折や大腿骨頸部骨折などが起こりやすくなります。

3. 糖尿病(ステロイド糖尿病)
糖を合成する働きを高めるため、血糖が上がります。

4. 消化性潰瘍(ステロイド潰瘍)
消化管粘膜が弱くなるため、潰瘍ができやすくなります。

5. 血栓症
出血を止める働きをする血小板の機能が亢進するため、血管の中で血液が固まってしまう血栓症が起こりやすくなります。

6. 精神症状(ステロイド精神病)
不眠症、多幸症、うつ状態になることがあります。

7. 満月様顔貌(ムーンフェイス)、中心性肥満
食欲の亢進と脂肪の代謝障害によりおこります。

8. 動脈硬化、高脂血症
動脈硬化を促進し、コレステロールや中性脂肪が高くなることがあります。

9. 高血圧症、むくみ
体内に塩分が溜まりやすくなるために起こります。

10. 白内障(ステロイド白内障)
白内障(視界が白く濁る)の進行を早めます。

11. 緑内障(ステロイド緑内障)
眼球の圧力(眼圧)が上昇する(緑内障)ことがあります。

12. 副腎不全(ステロイド離脱症候群)
長期に内服した場合、副腎皮質からのステロイドホルモンが分泌されなくなります。そのため、急に薬を飲まなくなると、体の中のステロイドホルモンが不足し、倦怠感、吐き気、頭痛、血圧低下などの症状が見られることがあります

13. ステロイド痤瘡(ざそう)
「にきび」ができやすくなります。

14. 大腿骨頭壊死(無菌性骨壊死)
大量投与でごく稀に起こることがあります。多くの場合、ステロイド薬投与後、数ヶ月以内に、股関節の痛みで発症します。

15. その他
増毛、脱毛、生理不順、不整脈、ステロイド筋症、などが見られることがあります。

【参照】
http://www.twmu.ac.jp/NEP/steroid.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ステロイド 副作用」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dsf********さん

2018/5/1012:56:03

目に見えては脱毛、浮腫み、ニキビ、精力亢進、減退、女性化、肝機能低下、ホルモンショックくらいだよ。これくらいはサイクル守ってケア剤がしっかりしてればOK。経口剤単体でのサイクルだとケア剤使っても副作用が抑えられない可能性もある、ていうか長いサイクルだと高い確率で抑えられない。心筋肥大などは長期的に使って心臓に負荷のかかるような事しない限りそうそうならない。腎不全も可能性があるとしたらトレンくらい。内臓肥大もHGHに見られる副作用でステロイドではない。
とにかくよほどのヘビーユーザーや使い方がデタラメではない限り深刻な副作用は起きない。

ktr********さん

2018/5/500:07:16

そうですね

はげます

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる