ここから本文です

謝る時は、 『申し訳ありませんでした』 と 『申し訳ございませんでした』 ど...

aaxx123asasさん

2008/9/802:20:47

謝る時は、
『申し訳ありませんでした』

『申し訳ございませんでした』
どちらが正しいのでしょうか?

閲覧数:
303,547
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fontomanieさん

編集あり2008/9/804:04:39

どちらも正しい日本語です。
『申し訳ございませんでした』のほうが『申し訳ありませんでした』より丁寧で、
相手に対する敬意の度合いが高い表現です。

本来、「申し訳が無い」ということを文語では「申し訳無し」と言いました。
(「異議無し」などと同じです。)
口語では普通は「○○がない」となります。
述語として文末にきたとき、です・ます体では「○○がありません」となります。
ただし書翰用語などでは文語的な言い回しが残ることが少なくありません。
「異存ありません」、「お変わり御座いませんか」
のように助詞のない形はいくらでもあります。
「申し訳ない」が一個の形容詞だと言う必要はありません。
「申し訳のないことを致しました」はまだ活きて使われます。
「申し訳ありません」、「申し訳ございません」も活きて使われます。
なんら“問題ありません”。
「もったいない」や「情けない」などと同一視すべきではありません。
「間違いありません」や「相違ございません」と同類と考えるべきです。

「申し訳ないことです」はそれはそれで正しい日本語です。
しかし「申し訳ないです」は文法上正しい形ではありません。
正しく「申し訳ありません」と言うようにしたいものです。

「申し訳ございませんでした」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mofmofmof29さん

2008/9/802:33:49

日本語としては「申し訳ない」でワンセットだそうで、本来どちらも間違いだったようです。
ただ、現在では正しい日本語になってるみたいですね。
「ございません」の方が丁寧な感じですねw

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。