ここから本文です

ガンダムオリジンでジオンはルウム戦役の戦いで最初ドズルが不利になる艦隊戦をし...

xer********さん

2018/5/623:48:07

ガンダムオリジンでジオンはルウム戦役の戦いで最初ドズルが不利になる艦隊戦をしてましたが、最初からモビルスーツを投入していれば被害は少なかったのでは?

またルウム戦役後の連邦軍との

会談でレビルを逃がさないで会談をしていたら有利な条件で休戦申し入れできたのでは?

ジオリジンの映画でキシリアが言っていた冷戦時代の青い鳥なんとか作戦はあれはどんな意味ですか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,229
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kim********さん

2018/5/1016:21:05

1.モビルスーツ隊投入
モビルスーツの本格実戦は、初めてなので
あえて、後方から奇襲する作戦だったと思います。
モビルスーツが強力であったとしても、さすがに
大戦艦部隊に正面から行くのは危険です。

2.レビル脱走と休戦会議
そのとおりですね。しかしレビルは敗北していて
連邦は最悪、レビルを切るというカードもあるわけです。
ただデギン公は、ギレンの暴走に懸念を持っています。
ジオンはあくまで独立を求めているわけで、連邦を
支配しようとまでは考えていないのです。

3.青い鳥
レビル救出作戦ですね。あきらかにジオン側に
脱出させる工作がありますね。これはギレンの
暴走を止めたいということもあり、デギン公は
レビルと対等の立場で話し合いたいという意向
もあります。
またシャアも自分の大義(ザビ家への復讐)の
ためにも戦争は続いていてほしいという野心が
あり、レビルを逃がしたのでしょう。
さらに連邦のモビルスーツを奪って自分のもの
にしたかったのかもしれませんが。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nan********さん

2018/5/702:20:23

①「ジ・オリジン」におけるルウム戦役は戦力差を覆すために偽情報を流したりモビルスーツ隊による陽動を行ったりして艦隊の戦力比をほぼ1対1にしています。このため、モビルスーツ隊を最初から投入することは不可能といえます。

②連邦軍はレビルの脱走がなければ降伏もやむなしといった状況でしたので、その通りです。

③1976年に公開されたミュージカル映画「青い鳥」は冷戦時代のアメリカとソビエト連邦による合作映画です。キシリアは自らの野心のために戦争継続を望んでいたことからレビルの脱走に裏で関与したとされています。作戦名の「青い鳥」はレビルの脱走をジオンと連邦による合作と掛けたものではないでしょうか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる