ここから本文です

ウインカーをLEDに交換するときに抵抗を付けようと思ってます。 (リレーが無...

hty********さん

2018/5/723:08:45

ウインカーをLEDに交換するときに抵抗を付けようと思ってます。
(リレーが無いから抵抗を付けないとLED交換できないです)

抵抗は火災事故とか起きてるみたいですが、熱で起きてるんですか?

配線不良ですか?
カー用品店とかで交換を頼めば大丈夫ですか?

ちなみに、9Ωの抵抗は9何℃くらいになるんですか?

閲覧数:
524
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kde********さん

2018/5/807:48:24

異常な配線方でもあると思いますが通常は熱でですね。
手で触れない程の熱が出ますよ。プラスチック部などに
付けたら確実に溶けてしまいます。熱の温度まではわかりませんw

間違いなく言えることは金属の場所で回りに燃え易い素材が
無い場所(風通しが良い場所ならより良い)に取り付けると言う事です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

wx1********さん

2018/5/816:20:12

元々付いていた電球の代わりに発熱させるだけですから、電球を点灯させて自分で触ってみてください。

ja8********さん

2018/5/808:42:33

ハイフラ防止対策は電子リレーに交換か全体の消費電力値近くにする為に抵抗を利用します

ただ実際ウィンカーをそんなに連続長時間使用するのかも問題なのと、抵抗の取付方法さえ間違わなければ火災は発生しません

火災するとしたら抵抗の上にジュウタン等で塞ぐ等が考えられますので、出来るだけ車体直付けで熱を車体に逃がし周囲が解放された場所を選ぶ事が大切です

又、熱は抵抗で消費する電力の大きさと時間でも変化しますし、それを実験している所は不明の為、温度は不明ですが素手では触れない位の温度にはなりますが、車体に熱を逃がしたり、別にヒートシンクを付ける事でも温度は変化します

なので熱が心配なら安いセメント抵抗では無くメタルクラッド抵抗ならしっかり他の部分へ放熱させる事で簡単に熱対策が出来ます

hab********さん

編集あり2018/5/801:22:20

抵抗器は金属で出来ているので熱を帯びます。
何゚Cになるかまでは解りませんが、素手で触ると火傷します。
樹脂部分に接触する様な状態で取り付けると樹脂が溶けたり、最悪は火災に繋がる危険性があります。

あとは取り付ける際に大抵は作業性が良いエレクトロタップを使います。
基本的に配線(芯線や被覆の太さ)にピッタリのエレクトロタップを使わないといけません。
エレクトロタップが雨水が被る様な場所にあれば、場合によってはショートする恐れがあります。

なので雨水の被らない場合に設置(且つエレクトロタップに絶縁テープを巻くなど)したり、樹脂部分に干渉しない様にする必要があります。

接触不良はエレクトロタップと配線のサイズが合っていないとかでは?
或いは被覆がきちんと剥けていないとか。

tai********さん

2018/5/801:11:54

熱が原因です。
抵抗値などのデータはありませんが、一般的に「肉が焼けるほど熱くなる」と言われています。
ヘッドライトの樹脂部分なんかに固定した日には良くて溶けるか最悪、車両火災です。
普通はエンジンルーム内の鉄板に固定します。

施工の可否はお店によるのでは?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる