ここから本文です

旧優生保護法下で、障害者らへの不妊手術が繰り替えさらた問題で、裁判が行われて...

kit********さん

2018/5/808:32:52

旧優生保護法下で、障害者らへの不妊手術が繰り替えさらた問題で、裁判が行われているが、当時は障害者が子供を産んで、子供で死亡率が少なくなると、保護されてなお子供ができたら、自分で育てられず国からの保護が

いる。経済的な負担が増え続けるから、障害者せめて自分だけでも経済的援助をもらい、幸せにいきてゆければ良いと考えたのか。
今はその考え方が、障害者の人権無視という考え方になったのか。
時代で法律もまた人々の考え方も変わるのか。

今は暴力を行動に出して相手をきずつけたら、裁かれる。
また口で相手を騙しては裁かれる。
心の中で思うことは、相手にわからないから、裁かれない。
しかし今大切なのは、心の中で思っていることを自分なりに解決して行くことだろう。
話はもどるが、
障害者の人々を経済的損失と見ていた時代から、
障害者が暖かく生きていける優しさのある時代になったのが、現代なのか。
しかし、北朝鮮や中国からのミサイルの実験や、沖縄県尖閣諸島の中国の侵入など、不安がある。
特に中国とは経済的貿易の拡大や旅行者、移住者の増加で平和的な付き合いが深くなるのに、
中国の拡大政策は、武力と経済力でせめてくる。

時代によって人権弾圧をする中国北朝鮮のやり方が、アメリカや日本などはいけないことと考えるが、
むしろ支配するからいうと、合理的で迅速的にできる。

しかし支配される人々は苦痛のどん底になる。
時代によって右に寄ったり、左に寄ったりして、時代や国や人々の価値感が変わるのか。


今愛国心を育てることがいわれると、従わない者は非国民として弾圧される。
そのようにならない自由を持った暖かさのある社会が必要になる。
弱い者の立場を認めていくことだろうか。
旧優生保護法は弱者である障害者を弾圧していたのであろう、

自分だてって、年を取れば体が衰え障害者となる。そんな私が暖かく受け入れられる社会が大切なのだろうか、
ご意見ください。

閲覧数:
1,407
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ben********さん

2018/5/815:44:37

生きるのにみんなが精一杯だった時代だからじゃないですかね。

今は、余裕があるから「かわいそうだ~」「人権だ~」って言えるけど、昔は、そんなこと言える余裕ないよ。

今の基準に照らし合わして誰かを罰すれば、とにかく自分は救われるんだろうけどね。

こういう場合、誰を叩くかっていうと「国のせいだ」ですね。
一番大きなものを叩くのが一番、罪がないって思うでしょw普通。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「旧優生保護法」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる