ここから本文です

工事担任者試験の基礎の問題について お忙しいところ失礼します。

ona********さん

2018/5/813:44:08

工事担任者試験の基礎の問題について

お忙しいところ失礼します。

「伝送速度が64キロビット/秒の回線において、100秒間のビットエラーを測定したところ、特定の2秒間に集中して発生し、各1秒間でのビットエラーは267個と53個であり、合計320個となった。このときの%SESの値は、(答)パーセントとなる。」

こちらの問題なのですが、答は、1パーセントになるとあるのですが、どうして、1パーセントになるのか計算過程が分かりません。どなたか教えてもらえませんでしょうか?

何卒よろしくお願いします。

閲覧数:
87
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

com********さん

編集あり2018/5/822:35:08

%SESは、1秒あたり、10の-3乗を超える誤り率がある、全体の割合です。

つまり、64000bpsの回線で、その1/1000の誤り率、つまり秒間64bit以上の誤り立のある割合です。

したがって、267個のエラーのときは該当し、53個の時は非該当です。
100秒間において、267個のエラーがあった1秒だけが該当するため、1%なのです。

質問した人からのコメント

2018/5/8 22:44:18

ご回答ありがとうございます!
とても、わかりやすい解説で助かりました。
ご指導ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる