ここから本文です

源義経の質問です。

アバター

ID非公開さん

2018/5/1210:34:37

源義経の質問です。

「壇の浦で勝利から四年後の1188 (文治5)年、頼朝の軍勢に追われた義経は平泉(岩手県)の奥州藤原氏のもとへ落ち延び最後は衣川で自害して果てる」とありますがなぜ義経は頼朝の軍勢に追われたんですか??

閲覧数:
43
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2018/5/1214:52:31

頼朝は、鎌倉の武士たちに、自分の許可なく、朝廷の官位を得てはならないと、指示していました。ところが、弟の義経が、無断で、官位を受けてしまったのです。
関東武士たちにしめしがつかないでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

feawerさん

編集あり2018/5/1215:09:31

義経は、戦作法にこだわることなく、
独自の作戦で、勝ち続けました。
しかし、軍監の梶原景時には、受け入れないものも多く、その不満が、頼朝に伝えられています。
平家討伐後は、後白河上皇に寵愛され、頼朝の許可なく、任官される。これをきっかけに二人は不仲になり、最初は義経に、頼朝ついとうの院宣がくだりますが、
頼朝の圧力による,全国各国の守護の設置と、平氏の領地だったところへ地頭を設置とを頼朝は、朝廷に認めさせましたから、義経は、罪人にされ、都落ちし、頼朝の勢力圏外であり、養父の秀衡のもとに、にげるのです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる