ここから本文です

顕微鏡での観察の際、最初は焦点深度が深くすると習いました。しかしなぜ深くする...

yah********さん

2018/5/1214:04:38

顕微鏡での観察の際、最初は焦点深度が深くすると習いました。しかしなぜ深くするのでしょうか?また、この理解の仕方はあっていますでしょうか?「しぼりをしぼり、焦点深度を深くすると暗くなり鮮明に見え、開けて

浅くすると明るくなる。しぼりの調節=コントラストを調節する。」2つもの質問をお許しください!どなたか回答よろしくお願いします!

閲覧数:
160
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tn6********さん

2018/5/1215:13:35

焦点深度とは、ピントの合う上下幅のことです。
絞りの開閉で焦点深度は変わりません。

高倍率では焦点深度(上下幅)は狭くなり、ピントが合う範囲が狭まるので、ピントを合わせにくくなります。

焦点深度が深い、というのはピントの合う上下幅が広く、ピントが合わせやすい低倍率のときです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/5/12 16:08:08

そもそも、焦点深度を理由として低倍率から始めていたのですね!丁寧な説明、ありがとうございました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる