ここから本文です

(えんのおつね)(一言言主の神)何処に奉られどういう意味があるのですか?

may********さん

2008/9/909:33:43

(えんのおつね)(一言言主の神)何処に奉られどういう意味があるのですか?

閲覧数:
477
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2008/9/910:07:23

えんのおづぬでは?
役小角 8歳で箕面の天井ヶ岳にて入寂
吉水神社や箕面山龍安寺で祭られています。
若くして雲に乗って、孔雀王呪経の呪法を修め、鬼神を自在に操った。鬼神に命じて金剛山と葛木山の間に橋をかけようとしたところ、
葛木山の神である一言主が人に乗り移って文武天皇に役優婆塞の謀反を讒言した。
役は母を人質にとられるとおとなしく捕らえられた。伊豆島に流されたが、昼だけ伊豆におり、夜には富士山に行って修行した。
大宝元年(701年)正月に赦されて帰り、仙人になった。
山岳修行を始めた人。
一言主は一言主神社に祀られています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

メタスさん

2008/9/910:18:57

一言主(ひとことぬし)
葛城山麓の奈良県御所市にある葛木一言主神社が全国の一言主神社の総本社
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%A8%80%E4%B8%BB


(えんのおつね)は、「えんのぎょうじゃ」の事と思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B9%E5%B0%8F%E8%A7%92
役行者霊蹟札所公式ホームページ
http://www.ubasoku.jp/index.htm

(-o-)/

suz********さん

編集あり2008/9/910:15:27

えんのおつね←←←←「役小角」(えんのおづぬ)
一言言主の神←←←←「一言主の神」(ひとことぬしのかみ)
です。。。。。

役小角は、
通称を役行者(えんのぎょうじゃ)と呼ばれ修験道の開祖とされている。
役行者信仰の一つとして、役行者ゆかりの大阪府・奈良県・滋賀県・京都府・和歌山県・三重県に所在する36寺社を巡礼する役行者霊蹟札所がある。
また、神変大菩薩は役行者の尊称として使われている。

一言主は、
葛城山麓の奈良県御所市にある葛木一言主神社が全国の一言主神社の総本社となっている。地元では「いちごんさん」と呼ばれており、一言の願いであれば何でも聞き届ける神とされ、「無言まいり」の神として信仰されている。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる